当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇場

荒れる競艇場と堅い競艇場|立地条件や水質・風と波の影響について

日本に競艇場は24ヶ所あり、北は桐生(群馬県)から南は大村(長崎)まで、東北・北海道を除いた全国に存在します。

競艇場は、設置された場所により海水・汽水(海水と淡水の混ざったもの)・淡水の違いがあり、それは競走に大きく影響を及ぼします。

また、風の強さや追い風、向かい風といった風の向き、そして風による波の影響も競争に大きな影響を与えますが、これも競艇場によってかなりの違いがあります。

これら競艇場による特色は競走に影響を与え、結果的には予想と配当に深く関わるため、ハッキリと「荒れる競艇場と堅い競艇場」の違いとして表れます。

そこで、「荒れる競艇場と堅い競艇場」がどの競艇場であるかを、立地条件やデータから見ていきましょう。

立地条件が競走に与える影響

競艇場は作られた場所によって、水質、風の向きなどに違いがあり、それは競走に大きな影響を及ぼし、「荒れる競艇場と堅い競艇場」の違いとなって表れます。

水質による違い

競艇場は、海、湖、河川など自然を利用して作られたものと、人工的に作られたものに分けられ

  • 海に作られた大村や丸亀競艇場は海水
  • 人工的に作られた住之江や尼崎競艇場は淡水

など、水質に違いが生じます。

河川や湖に作られた競艇場は場所によって違い、江戸川競艇場は河口に近いため海水ですが、多摩川競艇場は淡水で、浜名湖競艇や福岡競艇などが汽水の競艇場になります。

淡水と違って海水や汽水は、塩分が高い事で浮力が大きくなるため、操縦が難しいと言われます。なお、浮力を抑えることができる分、体重が重い方が有利です。

また、海の満ち引きの影響を受けるため、スタートを合わせる景色に違いが生じる事から、スタートは難しくなります。

なお、一般的には満潮時はインコース、干潮時にはアウトコースが有利となります。

水質の点からは、乗りやすく実力の出やすい淡水の競艇場が「堅い競艇場」となりそうですが、次に説明する風や波の影響の方が強いため、そうとも限りません。

数字でみると、淡水以外で1号艇の勝率が50%を切っているのは

  • 江戸川、平和島、浜名湖、鳴門、福岡競艇場

で、水質の観点からはこれらの競艇場が「荒れる競艇場」と言えそうです。

風と波の影響について

一般的に「追い風は逃げ・差しが有利、向かい風はマクリが有利」とされます。

しかし、レースが荒れる原因となるのは、風そのものの影響よりも風による「波」によるもので、この影響はかなり大きくなります。

平均して波が高い(3メートル以上)競艇場は、江戸川、平和島、徳山、若松、芦屋、福岡、唐津競艇場で、特に江戸川競艇場は約6メートルと、突出して高い数字になっています。

風が強いと舟をコントロールするのは難しく、A1レーサーが着外になることも多いです。特に波の高い江戸川競艇はその傾向が激しく、荒れる競艇場として有名です。

勝率や配当などのデータの比較

競艇ファン間で、インが強く堅いと言われるのは、「徳山、芦屋、大村競艇場」で、配当が高く荒れるのは「戸田、江戸川、平和島競艇場」と言われますが、実際のデータはどうなっているのでしょうか。

以下のデータは、基本的に2019年3月から2020年2月までの1年間のデータです。

1コースの勝率

まずは、「荒れる競艇場、堅い競艇場」の最も大きな指標となる1コースの勝率のベスト3とワースト3を見てみましょう。

ベスト3

順位 1位 2位 3位
競艇場 大村競艇場 芦屋競艇場 徳山競艇場
勝率 66.9% 63.1% 62.4%

ワースト3

順位 24位 23位 22位
競艇場 戸田競艇場 平和島競艇場 びわこ競艇場
勝率 42.7% 44.7% 47.9%

1位の大村競艇場と24位の戸田競艇場では大きな違いがあります。

大村競艇場は、そもそもインの強い水面ですが、それを全面に押し出して宣伝をしており、1号艇に強い選手を置くなどの番組作りをしている事もあり、高い勝率となっています。

ワーストである戸田競艇場の1コースの勝率が低いのは、全国一狭い水面により、スタートで外から包まれる形になることがその原因です。

アウトコースの勝率

次は、競艇ではなかなか勝てない5コース、6コースの勝率のベスト3です。

5コースの勝率ベスト3

順位 1位 2位 3位
競艇場 平和島競艇場 戸田競艇場 桐生競艇場
勝率 8.9% 7.6% 7.1%

1コースのワースト3のうち、平和島と戸田競艇場がランクインしています。ちなみに、1コースの勝率ベスト3の大村、芦屋、徳山競艇場の5コースの勝率は、3.6%(大村)4.5%(芦屋)3.8%(徳山)です。

6コースの勝率ベスト3

順位 1位 2位 3位
競艇場 江戸川競艇場 平和島競艇場 戸田競艇場
勝率 3.7% 2.5% 2.3%

やはりここでも、平和島と戸田競艇場の名前が出てきます。また、江戸川競艇場の3.7%は突出した数字です。なお、大村、芦屋、徳山競艇場の6コースの勝率は、大村、芦屋が1.0%で徳山競艇場が0.9%でした。

3連単の平均配当額

続いて、3連単の平均配当額のデータを見てみましょう。

配当の高い競艇場

順位 1位 2位 3位
競艇場 鳴門競艇場 多摩川競艇場 唐津競艇場
平均額 8,421円 8,228円 8,059円

ちなみに、インが弱くアウトが強い江戸川、戸田、平和島競艇場は次のとおりです。

競艇場 江戸川競艇場 戸田競艇場 平和島競艇場
平均額 6,870円 7,835円 7,968円

江戸川、戸田、平和島競艇の配当が意外と低いのは、インが弱くアウトが強いため結果は荒れるが、舟券もそれ込みで穴が売れるため、配当はそれほど上がらないからです。

そうなると、配当の高い「鳴門、多摩川、唐津」については、舟券を買うファンの意識よりも、結果は荒れて高配当となっているため、配当的には妙味があり、穴券を買うならこの3競艇場がオススメです。

配当の安い競艇場

順位 24位 23位 22位
競艇場 大村競艇場 徳山競艇場 津競艇場
平均額 6,307円 6,594円 6,707円

こちらのデータでは、インが強い大村、徳山、芦屋競艇場のうち、大村と徳山競艇場が配当も安くなっていることが分かります。

なお、芦屋競艇場の平均配当額は6,957円であり、やはりあまり配当額の平均は大きくありません。

「荒れる競艇場」と「堅い競艇場」

ここまでのデータなどから見ると、「荒れる競艇場」と「堅い競艇場」は、それぞれ次のとおりとなります。

荒れる競艇場

「戸田競艇場」と「平和島競艇場」はインの弱さ、配当の高さからいって間違いなく「荒れる競艇場」と言っていいでしょう。

「江戸川競艇場」はインが弱く、6コースの勝率が最もいいので荒れる競艇場ではありますが、ファンもその意識が強過ぎるためか、穴が売れているようで、配当が低いため結果的に「荒れる」とは言い難いところです。

それであれば、3連単の平均配当額の高い「鳴門、多摩川、唐津競艇場」を穴狙いで買うべきでしょう。

堅い競艇場

「堅い競艇場」は

  • 大村競艇場
  • 徳山競艇場
  • 芦屋競艇場

の3つで間違いありません。

この3場は、コース特性がそもそもインが強い競艇場である上、そのインが強い傾向を前面に出し、当てやすい「企画レース」の編成に力を入れています。

よって、番組編成のコンセプトが変わった場合は、「堅い競艇場」ではなくなる可能性もあるため、注意しておく必要があります。

荒れる競艇場と堅い競艇場|まとめ

競艇という競技は、競艇場によって水質、潮の満ち引きや風などの影響を受けやすく「荒れる競艇場と堅い競艇場」がハッキリと分かれます。

その代表と言える荒れる「戸田競艇場」と堅い「大村競艇場」では、舟券対策は全く違うものになります。

どこが「荒れる競艇場」で「堅い競艇場」であるのか、そしてその特性を頭に入れて、舟券購入に挑みましょう。

-競艇場
-

© 2021 競艇大全