当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

競艇の生涯獲得賞金ランキングと歴代賞金王まとめ【男女別】

実力がなければ勝つことも優勝することも難しいのが勝負の世界。

競艇に関しても勝負の世界の1つなので、当然勝利をおさめることができなければ、大きな賞金も手にすることはできません。

SG、G1を勝利することは、選手たちの大きな目標の1つです。

大きなレースほど当然のように賞金額は増えるわけで、年収的な面に関しても上位と下位選手には格差が生じます。

生涯獲得賞金ランキング(男性レーサー編)

それでは現在、上位の人はどのくらい賞金を稼いでいるものなのでしょうか。

生涯獲得賞金ランキングを上から順に紹介していきます。

まずは男性レーサーの上位10人を紹介です。

1位:松井繁

松井 繁 プロフィール
登録番号 3415
生年月日 1969年11月11日
出身地 大阪府
血液型 O型
級別 A1

2011年に公営競技史上初の生涯獲得賞金30億円を突破した人物。

現在の獲得金額は37億円近くと2位以下をぶっちぎっている状況。

SGタイトルは12で、賞金王決定戦においても優勝経験があります。

「絶対王者」の異名を持つ松井選手ですが、全競艇場の中で唯一江戸川だけは優勝経験がありません。

【競艇】松井繁のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

『絶対王者』 日本で長く続く公営競技の一つ、競艇の世界でそう呼ばれている選手がいます。 その選手の名前は、松井繁選手。 競艇界のレジェンド選手であり、競艇について少しでも知っている方は名前を聞いたこと ...

続きを見る

2位:今村豊

今村 豊 プロフィール
登録番号 2992
生年月日 1961年6月22日
出身地 山口県
血液型 A型
級別 A1

「競艇界のプリンス」や「ミスター競艇」の異名を持つ選手。

還暦を間近に控える選手ではありますが、その強さは今なお変わっていません。

獲得賞金は約29億円

どのコースからの進入でも、一貫してスロースタートを貫く、個性派レーサーの一人です。

【競艇】今村豊のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレーサー界のレジェンドレーサーは何人かいますが、その中で全速ターンを代名詞に活躍された山口支部の選手がいます。 その選手が今村豊選手です。5 今村選手はいまやボートレースファンのほとんどの方が知 ...

続きを見る

3位:山崎智也

山崎 智也 プロフィール
登録番号 3622
生年月日 1974年3月11日
出身地 群馬県
血液型 A型
級別 A1

SGタイトルは11。2015年には賞金ランキング1位に輝いています。

生涯獲得賞金は約25億円

その端正な顔立ちから「艇界の貴公子」の異名を持ち、女性ファンも多いです。

近年大きなタイトルから遠ざかっていますが、安定感のあるレース運びには定評があります。

【競艇】山崎智也のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

今回紹介していくボートレーサーは、イケメンボートレーサー界の先駆者ともいえる方です。 名前は『山崎智也』選手、ボートレースファンなら一度はこの顔を見たことがあるのではないでしょうか? 実際男から見ても ...

続きを見る

4位:今垣光太郎

今垣 光太郎 プロフィール
登録番号 3388
生年月日 1969年9月18日
出身地 石川県
血液型 A型
級別 A1

SG優勝は9回。

生涯獲得賞金は約24億円

父も競艇選手をしていました。

近年低迷状態から「引退」も頭をよぎっていたようですが、2019年の「G2 第一回競艇甲子園」にて4コースカド捲りで優勝し、初代王者に輝いています。

【競艇】今垣光太郎のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

上の写真のボートレーサー、ダンディな感じで大人の男性といった雰囲気でしょうか、この方が今回紹介する方です。 今回はSG優勝回数9回を誇るボートレーサー界のレジェンドレーサー、今垣光太郎選手について紹介 ...

続きを見る

5位:植木通彦(引退選手)

植木 通彦 プロフィール
登録番号 3285
生年月日 1968年4月26日
出身地 福岡県
血液型 O型
級別 -

現役を2008年に退き、現在はボートレースアンバサダーを努めています

1989年に全治5か月の大きな事故に見舞われますが、復活をはたしています。

「艇王」「不死鳥」などの異名を持ち、SGは10勝を数えます。

生涯獲得賞金は約23億円

【競艇】植木通彦のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

70年近い歴史を持つ、水上の格闘技ボートレース。そのボートレース界においてレジェンドとして「艇王」「不死鳥」と呼ばれている人物がいます。 約21年間の選手生活において通算74回の優勝を誇り、その中でも ...

続きを見る

6位:濱野谷憲吾

濱野谷 憲吾 プロフィール
登録番号 3590
生年月日 1973年11月8日
出身地 東京都
血液型 A型
級別 A1

SGは4勝していますが、賞金王決定戦での優勝経験はありません。

近年は若干低迷気味の感が否めませんが、人気の方はいまだに健在です。

生涯獲得賞金は約22億円

【競艇】濱野谷憲吾のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレース漫画の金字塔とも言える作品、「モンキーターン」。皆さんは読んだ事がありますか?実在のボートレーサーをモデルにして描かれた漫画で、ゲームやアニメ、パチンコのタイアップなどとても人気のある作品 ...

続きを見る

7位:瓜生正義

瓜生 正義 プロフィール
登録番号 3783
生年月日 1976年3月5日
出身地 福岡県
血液型 A型
級別 A1

SG優勝は10を数え、2016年には賞金王にも輝いているレーサー。

写真からも見て取れますが、耳がすごく印象に残ります。

生涯獲得賞金は約22億円

【競艇】瓜生正義のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

『正義のヒーロー』ボートレーサー界でそう呼ばれている選手がいます。 その名は、瓜生正義選手。 福岡支部のトップレーサーです。 名前が『正義』であることから正義のヒーローというカッコいいい愛称がついてい ...

続きを見る

8位:太田和美

太田 和美 プロフィール
登録番号 3557
生年月日 1973年1月6日
出身地 奈良県
血液型 A型
級別 A1

SG優勝7回を数えるレーサー。

1991年に住之江にてデビュー(初出走:2着)。

そして、その節においていきなりの優出まではたし「怪物くん」と称されたこともありました。

2018年前期には出走回数不足で、22年間継続していたA1から転落してしまったこともありましたが、現在はA1に戻っています。

生涯獲得賞金は約21億円

【競艇】太田和美のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

大阪支部といえば松井繁選手を筆頭に数多くのエース級レーサーが所属している支部ですが、その中でイチロー選手に似ており、水上のレーサービームと呼ばれている有名選手がいます。 その選手が、太田和美選手です。 ...

続きを見る

9位:田中信一郎

田中 信一郎 プロフィール
登録番号 3556
生年月日 1972年12月8日
出身地 大阪府
血液型 AB型
級別 A1

2001年、2003年の二度賞金王に輝いている実力派。

SG優勝は5回。

大阪出身もあってか、話術にも定評のある選手です。

近年大きなタイトルは獲得できていませんが、存在感は今も変わりありません。

生涯獲得賞金は約20億円

【競艇】田中信一郎のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

水上の格闘技、ボートレースの主役、レーサー。ファンの声援を受けて水面を走る姿はとてもカッコ良いものです。 そのボートレースの聖地、メッカと呼ばれる住之江競艇場をホームとするのは大阪支部のレーサー。数あ ...

続きを見る

10位:服部幸男

服部 幸男 プロフィール
登録番号 3422
生年月日 1971年1月5日
出身地 静岡県
血液型 B型
級別 A1

父親も元レーサーでした。

SGは4勝していて、1992年に全日本選手権競走を制したのが21歳。

この年齢でのSG制覇は史上最年少記録となっています。

生涯獲得賞金は約19億円

【競艇】服部幸男のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレースの選手紹介では様々な決め台詞が登場しますが、「ベストを尽くします」のコメントでおなじみとなっている「服部幸男選手」をご存知でしょうか。 1992年に21歳9か月での史上最年少SG制覇を成し ...

続きを見る

以上が男性ボートレーサーの生涯獲得賞金ランキングです。

生涯獲得賞金ランキングなので、現役を長く続けるほど上位に来るのは仕方がないことではあります。

しかし、1位の松井選手の37億円は破格の数字であり、これから先破られることがあるのか、また破ることができる選手が現れるのか楽しみな数字です。

生涯獲得賞金ランキング(女性レーサー編)

ここからは女性ボートレーサーの生涯獲得賞金ランキングをご紹介します。

女性レーサーは圧倒的にその数が男性レーサーより少なく、全レーサー1598名中218名という数字になっています。

混合戦で優勝する選手もちらほらいますが、高額賞金のSG競走においては出場できるレーサー自体が少ないのが現状。

そんな中、現在10億円という金額を獲得している選手が2名いる。

今回はその2名を紹介していきます。

日高逸子

日高 逸子 プロフィール
登録番号 3188
生年月日 1961年10月7日
出身地 宮崎県
血液型 A型
級別 A1

「グレートマザー」と呼ばれることもある日高選手。

日高選手の旦那さんは「主夫」として、日高選手を支えていることでも有名です。

旦那さんのおかげもあって、集中できるのかもしれません。

SG出場回数は41回、準優進出も4回を数える女性トップレーサーの一人です。

【競艇】日高逸子のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

現在、ボートレースでは女子選手の人気がとても高いものになっています。 その女子レース界を牽引してきた、女子活躍の先駆者ともいえる選手「日高逸子選手」をご存知でしょうか。 今年で35年目という長いキャリ ...

続きを見る

山川美由紀

山川 美由紀 プロフィール
登録番号 3232
生年月日 1966年10月24日
出身地 香川県
血液型 A型
級別 A1

2020年2月13日現在、通算1着回数:2515回、通算優勝回数:80回

この数字は女子レーサートップの数字であり、2019年に達成した2500勝も女性レーサーとして初めての偉業になります。

日高選手共々、まだまだ女性レーサーを引っ張っていってほしい存在です。

【競艇】山川美由紀のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

男女が同じ条件で戦え、選手生命が他のスポーツより長いと言われるボートレーサー。 その中でもデビューから35年という長い間走り続け、今もなおA級レーサーとして活躍し続ける、レジェンドとも言えるべき存在の ...

続きを見る

歴代賞金王を紹介!

生涯獲得賞金ランキングについては紹介した通りです。

それでは、単年での賞金王はどうなっているのでしょうか。

ちなみに年末に「賞金王決定戦」が行われますが、優勝=賞金王であるとは確定しているわけではありません

ほぼ当確であるとは言えるのですが、そうでない例も存在しています。

過去10年の歴代賞金王は以下の表の通りです。

選手名 獲得賞金額
2010 中島 孝平 ¥193,215,000
2011 池田 浩二 ¥250,199,000
2012 山崎 智也 ¥163,512,000
2013 池田 浩二 ¥198,233,000
2014 菊地 孝平 ¥169,549,000
2015 山崎 智也 ¥229,330,000
2016 瓜生 正義 ¥213,734,000
2017 桐生 順平 ¥212,241,000
2018 峰 竜太 ¥202,924,000
2019 石野 貴之 ¥225,642,666

過去10年で二度賞金王に輝いているのは、山崎智也選手と池田浩二選手の二人です。

(左が山崎智也選手、右が池田浩二選手)

そして、上記に記載した「賞金王座決定戦優勝=賞金王ではない」という事例が2014年に発生しています。

2014年に賞金王座決定戦を優勝したのは、茅原悠紀(かやはらゆうき)選手でした。これが初のSG優勝でしたが、おしくも賞金王には輝けませんでした。

またこのような事例は8回あったそうです。

競艇の生涯獲得賞金ランキングと歴代賞金王|まとめ

ちなみに令和2年のグランプリは平和島で行われることが決定しています。

茅原選手が優勝して以来の平和島でのグランプリ。

賞金額が上がってきている中、引退した植木選手が生涯獲得賞金ランクに入っているのはすごいことだと思います。

ただ、松井選手は別格だとしても2位以下はいつ変動、入れ替わってもおかしくはない状況でしょう。

獲得賞金という観点から競艇を見るのも、競艇のまた1つの楽しみ方かもしれません。

-競艇選手
-, , , , , , , , , , ,

© 2021 競艇大全