当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】平川香織のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレーサーの中には、元アスリートという選手が少なくありません。

若手の女子レーサーだけでも、

  • 倉持莉々選手:水球
  • 戸敷晃美選手:テコンドー
  • 計盛光選手:アーティスティックスイミング

などが挙げられ、それも全国大会レベルで活躍していた選手たちです。

そのような中、フィギュアスケート選手からボートレーサーへと転向した「平川香織選手」をご存じでしょうか。

東京フィギュアスケート選手権大会などで好成績を修めていましたが、選手生命の長いボートレースに魅力を感じ、レーサーを目指したという選手です。

今回はそんな平川香織選手についてご紹介していきたいと思います。

平川香織のプロフィール

平川香織(ひらかわかおり)基本情報
出身地 東京都
生年月日 2000年7月29日
身長 151cm
体重 46kg
血液型 B型
登録番号 5045
登録期 122期
級別 B1級
師匠 桐生順平(4444)
デビュー日 2018年5月22日

平川選手のプロフィールを見ていきましょう。

平川香織選手は東京都の出身です。

東京都といえば、ボートレース江戸川・平和島・多摩川の3場がありますね。

2000年7月29日生まれの20歳です。

フィギュアスケートは6歳のころから約10年間続けていたそうです。

2015年、加藤峻二選手(当時73歳)の引退レースを見て感銘を受け、ボートレーサーへの転向を決意したということです。

所属は埼玉支部です。

幼いころからボートレース戸田に通っていたため、東京ではなく埼玉支部への所属を希望したとのことです。

埼玉支部には他に、

  • 須藤博倫選手
  • 浜田亜理沙選手
  • 中田竜太選手
  • 佐藤翼選手

などが所属しています。

同支部の桐生順平選手は平川選手の師匠です。

登録期は122期、現在の階級はB1級です。

122期には他に、

  • 計盛光選手
  • 安河内健選手
  • 畑田汰一選手

などが在籍しています。

平川選手は2019年後期から初めてB1級に昇格しました。

平川香織の特徴や得意なコース

平川香織選手は2019年11月ごろから、ダッシュだけでなく枠なり進入でも走るようになったとのことです。

まだ6コースからの出走数が多い状態ですが、他のコースにも慣れて勝率を上げていって欲しいですね!

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.22と遅いです。

コース別では、0.19~0.23の間です(コース別成績の表参照)。

年別の平均STは、2018年は0.24、2021年の現時点では0.19とやや速くなっています。

スタート事故は1年に1回程度、今までに3回起こしています。

進入は、4~6号艇の際に外側のコースに動くことが多いですが、このところは枠なりに入るようになっています。

ごくまれに内側のコースに入ることもあります。

まだ1着は少ないですが、決まり手は2~4コースからのまくり、1コースからの逃げ、2・6コースからの差しと2コースからの抜き、3コースからの恵まれの順に多くなっています。

まくり差しでの勝利はまだありません。

<レース別成績>

出走数 勝率 1着率 2連対率 3連対率
女子戦 264 4.02 5.3 % 18.1 % 35.9 %
混合戦 174 2.74 3.4 % 9.7 % 17.2 %

女子戦と混合戦では、1着率・2連対率・3連対率が約2倍ほど違います。

<場別成績>

出走数 勝率 1着率 2連対率 3連対率
住之江 10 6.40 10.0 % 50.0 % 70.0 %
戸田 48 3.33 0.0 % 8.3 % 27.0 %
大村 17 1.88 0.0 % 0.0 % 0.0 %

※浜名湖、三国、芦屋での出場はまだありません。

住之江が最も勝率が高く、3連対率は7割にもなります。

ホームプールの戸田は出走回数が多いですが、勝率は全場の真ん中あたりの数字です。

出場した中では大村が最も勝率が低く、3着以内がありません。

得意なコース

<コース別成績>

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 平均ST
1 コース 28 25.0 % 42.8 % 57.1 % 0.21
2 コース 37 13.5 % 37.8 % 56.7 % 0.21
3 コース 43 9.3 % 27.9 % 58.1 % 0.19
4 コース 64 4.6 % 23.4 % 39.0 % 0.22
5 コース 93 0.0 % 8.6 % 21.5 % 0.21
6 コース 189 1.0 % 3.1 % 11.1 % 0.23

1~3コースは3連対率が近い数字で、約6割は3着以内に入っています。

1コースでは2着までに入る可能性も十分にあります。

2コースも2.6回に1回は2着以内になりますので、他の選手によっては2着に入ることもありそうです。

3コースは最も3連対率が高いですが、2着以内に入るのは3.6回に1回と低くなってきます。

4コースでは3連対率が4割を切りますが、調子が良ければ3着もあるでしょう。

5コースは今のところ1着がありません。

3着以内も4.7回に1回ですので、基本的には舟券から外していいかも知れません。

6コースは出走回数が最も多いですが、各数字低くなっています。

舟券に絡んでくることはあまりないと思っても良さそうです。

平川香織の過去成績・優勝歴

平川香織選手は2021年3月7日から、戸田G3「オールレディース・第52回報知新聞社杯」に出場します。

戸田は平川選手が思い入れのある場ですので、活躍する姿を見たいですね!

過去成績

2018年5月22日、戸田一般「BACHプラザ杯」1レースでデビュー。

※6号艇、6コースから6着

2019年8月25日、からつ一般「桃咲まゆ杯〜ほぼ女子戦〜」8レースで初勝利。

※6号艇、6コースから抜きでの勝利

2020年12月14日、住之江G3「2020MBレディスカップ(オールレディース競走)」6レースでG3初勝利。

※1号艇、1コースから逃げでの勝利

現在までに、G3で1回、一般戦で20回勝利しています。

優勝歴

優勝歴はまだありません。

今後の活躍に期待しましょう!

平川香織の年収は?

平川香織選手の年収は、2018年は2,858,000円でした。

ボートレーサーの平均年収は、B2級が約500万円、B1級が約1,100万円です。

2018年はB2→B2級でデビューは5月末でしたので、1年あたりの金額に直すと約490万円となり、おおよそ平均的な年収だったことになります。

2020年はB1→B1級でしたが、前年の12月に負傷し2か月の休場があったため、1,000万円かもう少し低いぐらいの年収ではないかと思われます。

一般的な20歳女性の平均年収は256万円とのことなので、平川選手は2018年でも2倍、2020年(予想額)では3~4倍近い収入を得ていることになります。

2021年1月31日時点での賞金額は438,000 円です。

現在ペースはゆっくりめですが、これから調子を上げて、より高い賞金額を目指して欲しいですね!

平川香織はSNSはやってる?

平川香織選手はTwitterとInstagramをやっています。

より平川選手に親しみが持てそうな内容となっていますので、気になる方は是非ご覧になってみて下さい。

平川香織のTwitter(ツイッター)は?

平川選手はTwitterを、アカウント「@gs5045」でやっています。

すでに8,400人以上のフォロワーがおり、レースのことや日常生活のことが飾らない言葉で書かれています。

また、「#平川香織」で検索すると関連するツイートを読むことができます。

平川香織のInstagram(インスタグラム)は?

平川選手はInstagramを、アカウント「@gs_5045」でやっており、現在38件の投稿があります。

ネイルやコスメ、その他美容関連の画像が多く、身だしなみに気を遣っているようです。

また、「#平川香織」タグの付いた画像は現在64件見つかります。

平川香織のYouTube(ユーチューブ)は?

平川選手ご自身はYouTubeをやっていませんが、平川選手の登場する動画がいくつかアップされています。

フィギュアスケートからの転向?!19歳の平川香織選手に直撃!

BR蒲郡ピット直送MOVIEの、平川選手へのインタビューです。

恥ずかしそうな埼玉ポーズが可愛らしいですね。

【ボートレース・競艇】平川香織 男子相手に勝利なるか? 勝利者インタビュー有り

平和島一般「BTS横浜開設13周年記念」のレース映像と勝利者インタビューです。

A1選手の矢後剛選手に差しで勝ちます。

平川香織のプロフィール|まとめ

今回は平川香織選手についてご紹介してきました。

長く続けてきた競技を引退するというのは勇気の要ることでしょうが、平川選手にとってそれだけボートレースが魅力的だったということだと思います。

スタートなどの課題はまだあるものの、弱冠20歳の選手ですので、今後は優出や優勝なども経験してさらに活躍の場を広げていくのではないでしょうか。

現在では家族を持ってもレーサーを続ける女子選手が多くいますので、憧れである加藤峻二元選手のように、末永くボートレーサーとして頑張って欲しいですね!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全