当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】井口佳典のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

知らないファンは居ないでしょう。大きな舞台で活躍している選手の一人である井口佳典選手。

元々は競輪選手を目指していたそうですが練習中の腰の骨折で断念し、競艇選手になった経歴があります。競艇選手になったことは、今の活躍からすればむしろ良かったことではないでしょうか。

そんな井口選手のプロフィールを見ていきましょう。

井口佳典のプロフィール

井口佳典(いぐちよしのり)基本情報
出身地 三重県松阪市
生年月日 1977年8月22日
身長 166cm
体重 53kg
血液型 A型
登録番号 4024
登録期 85期
級別 A1級
師匠 森岡正博
デビュー日 1999年11月17日

先にも書いた通り、高校時代は地元の松阪にも場がある競輪選手を目指していましたが、練習中の骨折により断念。

サラリーマン時代を経て競艇選手になっています。

『銀河系軍団』とも言われている85期の一人で、丸岡正典選手・湯川浩司選手・田村隆信選手・森高一真選手などが同期になります。(銀河系軍団に関しては後程解説)

師匠は森岡正博元選手(高校の先輩にあたる)で、自身の弟子には新田雄史選手、平田健之佑選手がいます。

また奥さんは元競艇選手の井口真弓(旧姓:新田)で、師匠である森岡選手と同時期である2013年3月に引退しています。

井口佳典の特徴や得意なコース

さて井口選手はどんな選手なのでしょうか?特徴を見ていきたいと思います。

スーパーピット離れは突然に!!

井口選手は基本的には「枠なり進入」型の選手になります。前付けを極端に行う選手ではありません。

しかし・・・忘れたころにコース取りに動くことがよくある選手です。「スーパーピット離れ」といわれる他の選手より速いピット離れをすることがあり、成功した際には内枠へと潜り込んできます。

展示の際には「枠なり進入」だったのに、本番では内枠に井口選手がいるなんてことも目にする場面があるかと思います。

頭の片隅に置いておいて良い情報だと思います。

多少不利でも「先マイ」敢行?

これはあくまで個人的な意見であり、レースを見ている感想的なものなので参考にならないかもしれませんが。

前を走っている艇に「舳先がかかっている」場合は、ねじ込んでくるのが一般的で、かかりそうでかかっていない時などは引いて外から差し・まくりを狙ってくるのが普通です。

しかしレースを見ていて思うのは、井口選手の場合は舳先がかかっていなくても「内側」から先に旋回を仕掛けるのが多いのではと思っています。

更に言えば1艇身差ぐらいならば内を旋回してくる事の方が多いように思っています。

コース実績は?

コース別の成績の方を見ていきましょう。

コース 出走数 1着数 1着率 2連対率 3連対率 平均ST
1 919 677 73.6% 85.0% 90.2% 0.14
2 646 169 26.1% 55.4% 73.2% 0.15
3 702 197 28.0% 51.0% 69.2% 0.15
4 857 208 24.2% 50.1% 68.1% 0.15
5 836 133 15.9% 36.2% 58.7% 0.15
6 668 58 8.6% 24.2% 46.8% 0.17

どのコースからも平均したスタートを切ることができる選手です。

1コース進入の際の信頼度は絶大で3連対率は90.2%にも昇ります。

1コースに入るであろうと予想される際には黙って予想に組み込むべき選手になります。

表を見てもわかるようにどのコースからも勝負になる選手だと考えられますので、相手関係などを良く見て考えたほうが良さそうです。

井口佳典の過去成績・優勝歴

さてここでは井口選手の過去の成績などを振り返っていこうと思います。

「銀河系軍団」とは一体何!??

先に「銀河系軍団」について簡単に説明しておきましょう。

1999年デビューの85期生たちを称して「銀河系軍団」と呼びます。

当時スターぞろいだったサッカーの「レアルマドリード」が称されていた「銀河系軍団」が由来となっています。

85期の選手である山本隆幸が「85期が競艇界を引っ張っていく存在にしたい」との思いからTシャツを作る際に「銀河系軍団」と付けたことから85期生が「銀河系軍団」と呼ばれています。

この名に恥じないほどの活躍を85期生はしていて、SG覇者は5選手(井口選手・丸岡選手・湯川選手・田村選手・森高選手)を数えます。1つの期にこれだけのSG覇者が揃う事は極めてまれなことになります。

略歴紹介!SGは6勝!!

冒頭で紹介した通り最初は競輪選手を目指していました。しかし、練習中の腰の骨折によってこの道を断念します。

その後サラリーマンを経て養成所に入所。85期の中で2位の勝率(7.85)を納めます。ちなみに一位は田村選手でした。

1999年11月17日、津競艇場で初出走。翌2000年3月15日に三国競艇場で初勝利を挙げています。

初優勝は2002年2月17日に若松競艇場で挙げていて、同年に芦屋競艇場にて2回目の優勝を飾っています。この2回の優勝は決まり手が共に「まくり差し」での物でした。

デビューから5期目でA1級にあがるものの、5年目にB2落ち。その為同期に比べてG1の斡旋数は少ないものでした。

2006年3月30日、住之江競艇場で行われた「開設60周年記念 太閤賞」にてG1初制覇。この時は6号艇で6コース進入で勝利を納めています。

2008年6月1日、平和島で行われた「SG笹川賞」を5コースからの「まくり差し」で制覇しています。

SG制覇は6回で、以下の表のようになっています。

日付 競走名 開催場名
2008年6月1日 第35回 笹川賞 平和島競艇場
2008年12月23日 第23回 賞金王決定戦 住之江競艇場
2009年12月23日 第24回 賞金王シリーズ 住之江競艇場
2012年5月27日 第39回 笹川賞 浜名湖競艇場
2012年7月22日 第17回 オーシャンカップ 尼崎競艇場
2018年3月21日 第53回 総理大臣杯 浜名湖競艇場

2005年にSG競走に初出走して以来、毎年のようにSGに出場しています。

毎年のように準優勝戦まで駒を進めています。

井口佳典の年収は?

活躍が目につく井口選手ですが、年収はどうなっているのでしょうか?

2016年~2019年の獲得賞金、ランキングが以下の表のようになっています。

年度 順位 賞金額
2019年 8位 107,335,266円
2018年 4位 116,257,800円
2017年 3位 133,653,000円
2016年 11位 76,537,000円

直近の4年間の年収だけになりますが平均すると年収約1億円となっています。獲得賞金ランキング上位者だけあってさすがの金額です。

ちなみに2020年10月4日現在の獲得賞金は約5000万円で全体の15位に位置しています。

1億円には到達しないかもしれませんね。

井口佳典はSNSはやってる?

近年SNSをやっている人たちが増えています。

選手の中にもやっている人は多くなってきていますが、井口選手はどうなのでしょうか。

井口佳典のTwitter(ツイッター)は?

井口選手はTwitterはやっていないようです。

井口佳典のInstagram(インスタグラム)は?

Instagramについても、アカウントは確認できませんでした。

井口佳典のYouTube(ユーチューブ)は?

YouTubeアカウントもなかったので、SNS系はやっていないようですね。

井口佳典のプロフィール|まとめ

「銀河系軍団」と呼ばれる85期の中で最もSGを勝っている選手。そしてまだまだ活躍する選手の一人です。

約2年間SGタイトルからは遠ざかっていますが、まだまだこれからの獲得を期待したいです。

1コースに入った時の信頼度は抜群ですので、舟券購入の際には黙って買い目に入れた方がいいでしょう。

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全