当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】松尾拓のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレーサーの中には、親子、兄弟、夫婦など、家族関係にある選手がたくさん存在します。

その中で、双子レーサーとして知られている松尾兄弟の弟さんの方「松尾拓選手」をご存じでしょうか。

第26代やまとチャンプであるばかりか、デビューして3期後にはA級に昇格し、2017~2020年の間4年連続でトップルーキーに選ばれるという、名実ともに力を持った選手です。

今回はそんな松尾拓選手をご紹介していきたいと思います。

松尾拓のプロフィール

松尾拓(まつおひろむ)基本情報
出身地 三重県志摩市
生年月日 1988年9月3日
身長 169cm
体重 48kg
血液型 B型
登録番号 4808
登録期 114期
級別 A1級
師匠 矢橋成介(3644)
デビュー日 2014年5月15日

松尾選手のプロフィールを見ていきましょう。

松尾拓選手は三重県志摩市の出身です。

三重県には、ボートレース津、ミニボートピア名張、四日市競輪場、松阪競輪場、松阪競輪川越場外車券売場などがありますね。

1988年9月3日生まれの32歳です。

お兄さんの松尾充選手とそっくりでお二人とも格好いいですよね。

なお、2017年10月18日、101期の山下友貴選手(4464)と結婚したことを発表しました。

所属は出身の三重支部です。

三重支部には他に、坂口周選手、井口佳典選手、新田雄史選手、春園功太選手などが所属しています。

師匠の矢橋成介選手は、支部長も経験しており人望も厚い選手とのことです。

登録期は114期、現在の階級はA1級です。

114期は「華の114期」とも呼ばれており、西野雄貴選手、村松修二選手、中村桃佳選手、羽野直也選手といった若手ながら有名な選手が在籍しています。

松尾選手は2018年後期にA1級に昇格して以来、現在までA1級を維持しています。

松尾拓の特徴や得意なコース

 

松尾拓選手は、どのコースからでも常に1着を狙ってレースに臨むということです。

まくり差しを得意としているとのことなので、レースの際は注目したいですね!

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.16と平均的です。

コースによっての平均STのばらつきはあまりなく、0.15~0.17の間に収まっています。

スタート事故は1年に1~2度起こすかどうかで(通算フライング7回)、比較的少ない方です。

進入はほぼ枠なりです。

動くこともまれにありますが、外側のコースに動くことの方が多いぐらいです。

決まり手は、1コースからの逃げ、3・5コースからのまくり差し、2~4コースからのまくり、2コースからの差しの順に多くなっています。

場別にみると(出走のない福岡を除く)、

  • 徳山:勝率8.15、1着率51.2 %、2連対率74.3 %、3連対率84.6 %
  • 津:勝率6.30、1着率30.0 %、2連対率46.4 %、3連対率62.3 %
  • 蒲郡:勝率4.45、1着率14.6 %、2連対率22.6 %、3連対率37.3 %

と、成績の良い徳山と低い蒲郡では非常に差があります。

地元の津は出走回数も多く、どちらかというと得意としている印象です。

6着率が5.9%(2020年)と低いのも特徴です。

得意なコース

通算成績

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 72.3 % 83.0 % 88.8 %
2コース 19.3 % 50.0 % 68.8 %
3コース 23.7 % 42.7 % 62.5 %
4コース 15.0 % 40.7 % 57.0 %
5コース 16.4 % 32.4 % 56.0 %
6コース 5.0 % 14.8 % 32.3 %

1コースでは約9割もの割合で3着以内に入ります。

1着率、2連対率も高いので、1着か2着に入れておきたいところです。

2コースから外では、1着率が3分の1以下に下がります。

しかし2コースでは約7割で舟券に絡んでくるので、メンバーによって3着か2着に決めるといいでしょう。

3・5コースは1着率が他より少し高めになっています。

決まり手として多い、3・5コースからのまくり差しでの1着によると思われます。

3連対率も低くはありませんので、5コースでも3着内の可能性はあります。

6コースでは、3回に2回は4着以下になりますので、調子がいいなどでなければ切ってしまって考えてもいいかも知れません。

松尾拓の過去成績・優勝歴

松尾拓選手は2020年9月12日、宮島G1「宮島チャンピオンカップ開設66周年」12レースでアクシデントに遭い、途中帰郷しています。

怪我やその度合いは分かりませんが、早くまた元気な姿でレースに戻ってきて欲しいですね。

過去成績

2014年5月15日、津一般「中日スポーツ創刊60周年記念 第24回津ボート大賞」でデビュー(6着)。

2014年6月19日、蒲郡一般「ムーンライトガールカップ」1レースで初勝利。

2015年4月6日、津一般「ルーキーシリーズ第1戦 ボーイズ・ビー・津プリンス」で初優出(選手責任の失格)。

2017年9月19日、蒲郡G1「第4回ヤングダービー」でG1初出場(4着)。

同節9月23日、2レースでG1初勝利。

2019年1月20日、芦屋G1「全日本王座決定戦 開設66周年記念」でG1初優出(4着)。

2019年7月10日、常滑SG「第24回オーシャンカップ」7レースでSG初出場(6着)。

同節7月14日、6レースでSG初勝利。

現在までに、G1で2回、G3で1回、一般戦で38回優出しています。

優勝歴

2016年1月11日、津一般「第2回津ぎょうざ小学校大運動会」で初優勝。

2018年2月27日、津一般「ルーキーシリーズ第3戦万協フィギュア博物館カップ」で優勝。

2020年2月9日、津一般「ボートレースレディースVSルーキーズバトル」で優勝。

現在までに、一般戦で10回優勝しています。

松尾拓の年収は?

松尾拓選手の年収ははっきりとした数字の分かる年がありませんが、A1級ボートレーサーの平均年収は約3000万円、A2級は約1800万円(2018年)とのことです。

2019年度は、久田敏之選手(ランキング100位)の賞金額の約3580万円未満の金額とはなりますが、平均の3000万円に近い額だと思われます。

一般的な30代男性の年収は約481万円ということなので、松尾選手は6倍以上の年収を稼いだとみられます。

これから一般戦だけでなく、G3以上のレースでも優勝するようになれば賞金ランキング入りも夢ではないですね!

松尾拓はSNSはやってる?

残念ながら松尾拓選手はSNSをやっていません。

そのうち、史上初の双子レーサーYouTuber誕生…なんていうことはないでしょうか?

松尾拓のTwitter(ツイッター)は?

松尾選手はTwitterをやっていませんが、ボートレース場や個人の方のアカウントなどで松尾選手についてのつぶやきが投稿されています。

「#松尾拓」でご覧になってみてはいかがでしょうか。

松尾拓のInstagram(インスタグラム)は?

松尾選手はInstagramをやっていませんが、「#松尾拓」タグで現在80件の投稿があります。

投稿数自体は少ないものの、さまざまな松尾選手の姿が見られます!

松尾拓のYouTube(ユーチューブ)は?

松尾選手ご自身はYouTubeをやっていませんが、ボートレース公式やレース場などのチャンネルで、松尾選手が登場する動画が投稿されています。

ボートレース松尾拓選手 #レーサーズファイル BSフジ「BOATRACEライブ~勝利へのターン~」

ボートレース公式チャンネルの、注目レーサーの紹介の動画です。

松尾選手のこれまでがまとめられています。

【蒲郡】『充と拓の見分けかた♭』松尾拓選手にインタビュー!【松尾兄弟】

BR蒲郡ピット直送MOVIEチャンネルの、松尾充選手と拓選手の見分け方の動画・拓選手バージョンです(充選手バージョンもあります)。

簡単な見分け方と、ちょっと難易度高めの違いがあるようです。

松尾拓のプロフィール|まとめ

 

今回は松尾拓選手についてご紹介してきました。

トップルーキーに4回も選ばれるだけあって、将来性の期待できる選手ですよね。

外見の良さだけでなく、レーサーとしての能力も兼ね備えた魅力的な選手です。

充選手より先に力を発揮してきた拓選手ですが、だんだん充選手も成長してきています。

今後とも二人でしのぎを削って、さらに実力に磨きがかかっていくのではないでしょうか。

篠崎兄弟に続く、最強兄弟レーサーとして活躍する日も遠くないはずです!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全