当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】中村かなえのプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

皆さんは「高学歴〇〇」といえばどんな人が思い浮かびますか?

高学歴お笑い芸人と言えば、ともにクイズ番組などでその知識を披露している京都大学出身のロザン・宇治原史規さんや同志社大学出身のメイプル超合金のカズレーザーさん、

プロ野球選手では北海道日本ハムファイターズに所属するハンカチ王子こと斎藤佑樹投手が早稲田大学出身など、多くの世界に高学歴の人物が存在します。

ボートレース界にも高学歴を持っている人はたくさんいますが、今回はその中でも中村かなえという選手に注目したいと思います。

リケジョボートレーサー、中村かなえ選手はどのような選手なのでしょうか。見ていきましょう。

中村かなえのプロフィール

中村かなえ(なかむらかなえ)基本情報
出身地 東京都
生年月日 1993年9月4日
身長 164cm
体重 46kg
血液型 A型
登録番号 4998
登録期 121期
級別 B1級
師匠 不明
デビュー日 2017年11月9日

軽くプロフィールなどに触れていきます。

中村かなえ選手は、東京都出身で東京支部に所属する現役女子ボートレーサーです。

121期レーサーとして2017年11月にデビューし、これからが期待される若手レーサーとして知られています。

またお茶の水女子大学の理学部を卒業しており、「リケジョボートレーサー」なんて呼ばれることもあります。

ボートレーサーを目指したきっかけ

中村選手は幼い頃、お母さんと一緒にボートレース江戸川の土手からボートレースを観て、その迫力に魅入られて「私は大人になったらああゆう人になる。」と宣言していたようです。

その後はリケジョの聖地とも呼ばれるお茶の水女子大学の理学部を卒業し、大学院にまで通うリケジョエリートの道を進むことになります。

しかし、ボートレーサーになる夢をまだ持っていた中村選手は就職情報雑誌を読んだ先輩から

「今からでもボートレーサーになれるよ」と教えてもらったことをきっかけにボートレーサーになることを決意します。

学生時代〜養成所時代

中村選手は学生時代、お茶の水女子大学の理学部で水とアルコールの水素結合の関係性について調べていました、と語っています。素人にはおおよそ分からない話ですが、何やら頭の良さそうな雰囲気がビンビンと伝わってきます。(笑)

ボートレーサー養成所ではリーグ戦勝率4.75、準優勝進出が3回という成績を残しています。

同期の女子レーサーが中村選手含めて5名いる中、2番目に高い数字を残しました。

同期のレーサー達

中村選手は121期のボートレーサーです。同期にはどんな選手がいるのでしょうか。

福岡支部に所属し、A1レーサーの羽野直也選手

の弟として話題にものぼる、羽野諒選手や三重支部の美人レーサーとして知られる山下夏鈴選手、現在121期の唯一のA級レーサーとしては広島支部に所属する高橋竜矢選手など。

また、馬場貴也選手の弟子としてYouTubeなどでも取り上げられる事もあり、ここ最近の成績の伸びが目を見張る滋賀支部レーサーの澤田尚也選手も121期のレーサーです。

ボートレーサーとしてのデビュー

さて、養成所を卒業した中村選手が迎えたデビュー戦は2017年11月9日、ボートレース平和島で開催された一般戦の第16回府中市長杯でした。第2レースに6号艇で出走しましたが、6着に敗れてしまいます。

その節は合計5レースの出走がありましたが、全て5着ないしは6着になっています。

翌節、ボートレース三国の日本トーター杯では2度のトップスタートを決めるなど、後述することになりますが中村選手の大きな特徴であるスタート力の片鱗も見え始めます。

しかしこの節でコンマ05のフライングを切ってしまう悔しい結果にもなりました。

この2017年は合わせて3説のレースに出場しましたが、初勝利を挙げることもなく、上位着を手にすることができませんでした。

初勝利までの道のり

デビュー翌年となる2018年、何度か3着に入り込んで連対することはできたものの、それが最高着となりなかなか初勝利を挙げることができない日々が続きます。

しかしこの頃から持ち前の勘で好スタートを決めることが多くなり、1節の間に3度4度のトップスタートを切ることも珍しいことではなくなってきます。

そして2019年3月14日、ボートレース丸亀で開催された一般競走の日本トーター杯、初日第2レースで5コースからコンマ15のトップスタートを決めて内側4艇を捲り、そのまま勝利します。

デビューから214走目での初勝利、長い道のりとなりましたが嬉しい瞬間を迎えることができました。

またこのレースは3連単配当が400倍を超える高配当レースとなりました。

初勝利 その後

初勝利を挙げたその後、2019年後期からは内枠のレースが解禁となって上位の着に入り込んで来ることも徐々に増えていく中村選手。

特にヴィーナスシリーズなどのオールレディース競走ではトップスタートを切って1着や2着に入ってくることも珍しいことではなくなってきます。

2020年2月のボートレース宮島開催 第12回楽天銀行杯では着こそまとまりませんでしたが1節中に7走してそのうち6レースでゼロ台のスタートを決めるなど、その精度も着々と上がっていきます。

同年4月、ボートレース尼崎で行われた一般レース ボートレースチケットショップ鳥取開設9周年記念 鳥取市長杯では男女混合戦ながら予選5レースのうち4レースでトップスタートを決めて着をまとめ、男子レーサー相手に準優勝戦に駒を進める活躍も見せました。

リケジョとしての一面

YouTubeで東京スポーツの取材を受けた際、新型コロナウィルスに対してどう対処すればいいかなど、雑談レベルではありますがリケジョとしての意見を求められるシーンもありました。

またその頭脳を活かして、機力や風など、あらゆる面から自分のレースを分析することもしているようです。

中村かなえの特徴や得意なコース

中村選手の特徴やレーススタイルなど、細かいことも調べてみました。

特徴

中村選手の特徴と言えば、何を言ってもそのスタート力の高さ。

その平均スタートタイミングはコンマ12〜14と、SGやG1で活躍するトップレーサー達と肩を並べる速さです。

このスタート力を活かして、レース展開を有利に運ぶのが中村選手の良さと言えるでしょう。

レーススタイル

中村選手はまだデビューして日が浅いこともあり、強引な前付けなどすることはなく、枠なりでの勝負をすることが多いです。

先述のようにスタートを決める能力に長けているので外枠からのレースでも着に絡める力を持っています。

外枠から好スタートを決めて一気のまくりで勝負を決める、それが中村選手の持ち味ですね。

中村かなえの過去成績・優勝歴

中村選手の過去の成績などはどうなっているのでしょうか。

過去のコース別成績

過去のコース別の成績を以下に表としてまとめています。ご覧下さい。

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 34.1% 51.2% 63.4%
2コース 7.8% 21.5% 33.3%
3コース 0% 16.6% 33.3%
4コース 10.8% 17.3% 26.0%
5コース 4.1% 5.2% 13.5%
6コース 0.8% 1.6% 8.0%

表にも表れているように、インからの1着率は34.1%。3回に1回は1着を取るという計算になります。特筆すべきは4コースからの1着率です。

およそ11%と、他コースからの成績と比べると高くなっていることが分かります。

やはりスタートが強い選手なので好スタートからのまくり勝ちが多いということです。

実際に決まり手を見てみると、1コースからのイン逃げが14回、その他のコースからのまくり差しは4回に比べ、まくりでの勝利は14回ととても多い数字になっています。豪快なターンで内側の艇を一気に捲りきる姿はとても格好いいですよね。

中村かなえの年収は?

中村選手の年収、すなわち年間での獲得賞金はいくら程あるのでしょう。調べて表にまとめました。

獲得賞金
2017年 57万3,000円
2018年 539万2,000円
2019年 625万6,000円
2020年 1,206万1,000円
2021年2月1日現在 80万5,000円

2017年はデビューして間もないとは言え約1ヶ月半で50万円以上、翌年からは500万円以上の収入を得ていますね。

2020年は1000万円を軽く超える賞金を手にしており、高収入を体現しています。

中村かなえはSNSはやってる?

中村選手はTwitterやInstagramなど、SNSのアカウントを持っているのでしょうか。

中村かなえのTwitter(ツイッター)は?

Twitterのアカウントはこちら。

@4998_kanae

何気ない呟きなどたくさんありますね。

中村かなえのInstagram(インスタグラム)は?

同姓同名のアカウントは多数ありましたが、本人のものと思われるものは確認できませんでした。

中村かなえのYouTube(ユーチューブ)は?

中村選手本人のYouTubeチャンネルはありませんが、インタビューやレース映像などの動画は確認できます。

中村かなえのプロフィール|まとめ

以上が東京市部所属の現役ボートレーサー、中村かなえ選手についてのまとめでした。

リケジョの高学歴・高偏差値レーサーとして話題にもなりながら、レース成績も徐々に上向いていってレースでも注目を浴びる存在になりつつある中村選手。

好スタートを決めてスリットから飛び出し、外枠から他の艇を飲み込んで先頭に立つ姿はカッコいいの一言に尽きます。

目標は賞金女王になることだそうで、少しずつ、少しずつですがその目標にも近づいているのではないでしょうか。

今後ますます活躍して年末のクイーンズクライマックスで華麗に水面を駆ける彼女の姿を見られる日が楽しみで仕方ありません。

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全