当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】中澤和志のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレースは選手が水面を走る様子を見るだけでも興奮しますし、予想を立てて舟券を購入するのも楽しいですよね。

選手にも予想する側にも難しい水面と言われ、日常的に高額配当がよく飛び出す事で知られるボートレース戸田。

その戸田をホームプールとするのが埼玉支部のレーサー達です。

今回はその埼玉支部に所属するベテランレーサー、中澤和志選手について調べてみました。

デビュー初優勝からの大怪我、そしてその後の復活、SG制覇、不幸な事故による成績不振、B級陥落からのA1級返り咲き…ドラマチックです。

中澤和志のプロフィール

中澤和志(なかざわかずし)基本情報
出身地 岩手県一関市
生年月日 1976年7月24日
身長 167cm
体重 55kg
血液型 AB型
登録番号 3952
登録期 82期
級別 A1級
師匠 後藤浩、鈴木賢一
デビュー日 1998年5月13日

中澤和志選手は、埼玉支部に所属するボートレーサー。

しかし出身は埼玉県ではなく岩手県、住んでいる所も宮城県の選手です。

元々は埼玉県に住んでいたのですが、両親の近くでいてあげたいとの理由で宮城県に引っ越したそうです。

岩手県立大原商業高等学校を卒業したあと上京し、市場で働きながらオートレーサーになる事を目指していました。

同じ職場の皆さんの勧めを受けて同じレーサーであるボートレーサーになることにし、1997年に本栖研修所(現在のボートレーサー養成所)に入所します。

同期

同期にはスタートキングとして有名な菊地孝平選手、愛知支部の看板選手として活躍する赤岩善生選手や大阪支部の原田秀弥選手など、そうそうたるメンツが揃っています。

養成所時代

養成所時代はリーグ戦の勝率が7.64、6回の優出でその内1回は優勝しています。

この7.64は82期の中でトップの数字を残しています。養成所時代から優秀な成績を収めていたのですね。

そして1998年に研修所を卒業し、ボートレーサーとしてデビューします。

師匠

そんな中澤選手の師匠ですが、元々は後藤浩選手に師事していました。

しかし実質的な師匠は鈴木賢一選手です。中澤選手、鈴木選手、高橋信吾選手の3人でペラグループを組んでいます。

鈴木選手の助言で、他の選手の手伝いなども積極的に行う事によって交流が広がり、情報収集に繋がったり、人脈が広がったりしたようです。

デビュー〜初優勝まで

さて中澤選手のデビュー戦ですが、埼玉支部の地元であるボートレース戸田にて迎えました。

1998年5月13日、開催されていた一般競走の初日第2レースに出走します。

このレースは5着と敗れてしまいますが、翌日2日目の第1レースで勝利。デビュー2日目にして水神祭を行いました。

デビューしてその節、しかも2日目で初勝利はとても早い初勝利です。この辺りから名選手への階段をかけ上る片鱗を見せていたのかも知れませんね。

1999年3月には、デビューから1年も経っていないのにボートレース江戸川で初優出も決めています。

この時は優勝戦に1号艇でのぞみ、インコースからのレースでしたが、惜しくも2着に敗れてしまいました。

やはりデビューから1年も満たない中での初めての優勝戦、プレッシャーもあったのでしょうか。

その後2000年2月にボートレース鳴門で開催された「第11回 鳴門市町杯競走」で1号艇で優勝します。

1号艇での出走ながら、6コースからの戦いとなったこのレース、中澤選手はまくり差しで見事1着になり、初優勝を飾ります。

しかしその矢先、指を切断寸前までの大怪我を負ってしまい、長期離脱を余儀なくされます。

しかし中澤選手はその怪我から復帰後2説目となる2000年4月、ボートレース江戸川で行われたレースで優勝。完全復活を遂げたのです。

G1初出走

その後2001年1月23日にはボートレース浜名湖で開催された「第15回新鋭王座決定戦競走」に出場、初日の3レースでG1初出走を果たしました。

この節は未勝利に終わってしまいましたがその直後の2月3日、ボートレース桐生で行われた「第46回関東地区選手権競走」の3日目3レースでコースからのまくり差しで勝利。

見事G1初勝利をおさめました。尚、この節ではG1初勝利だけでなく、初めてG1での優勝戦進出も決めています。

SG初出場〜初優勝

2002年10月30日にはボートレース平和島で開催された「第49回全日本選手権競走(現在のボートレースダービー)」でSG初出場を果たし、4日目となる11月2日の7レースで5コースからの戦いで抜きを決めて記念すべきSG初勝利を挙げました。

そして2004年2月17日、こちらもボートレース平和島。「第49回関東地区選手権競走」で1号艇で優出し、インコースからコンマ14のトップスタートを放った中澤選手はそのまま逃げ切って優勝。

G1初優勝の瞬間でした。

ちなみに翌年の2005年の2月16日、ボートレース戸田で行われた関東地区選手権も優勝し、見事連覇を果たしています。

SG初優出は2005年の3月21日、ボートレース多摩川で行われた「第40回 総理大臣杯(現在の現在のボートレースクラシック)」でした。この時は5着に敗れ、SG初制覇はお預けとなります。

しかしその翌年、舞台をボートレース平和島に移した「第41回 総理大臣杯」でSG初優勝の夢を叶えます。このレースは4号艇での出走で枠番通りの4コースから、豪快なまくりを決めて初優勝。見事SGホルダーとなったのです。

そしてその年の4月8日、ボートレース大村で開催された「ミニボートピア長崎五島開設記念競走」3日目の8レースで3コースからのまくり差しによって勝利。これが通算500勝の節目となりました。

事故

そんな中、2007年に痛ましい事故が起きてしまいます。

ボートレース住之江での周年競走で選手が殉職してしまう事故があり、中澤選手はそのレースに出走していました。そして事故艇に対して避けきれずに衝突してしまったのです。

とても痛ましい事故ですし、多くの方が中澤選手に非は無い、不可抗力だとおっしゃっている出来事なので詳細については割愛したいと思います…。

この影響からか、その後の成績は落ちてしまいます。一時はB1級まで階級を落とすこともありました。

また、ボートレース住之江への斡旋も辞退し続けているようですね。

しかし2008年には持ち前の実力でA1級に復帰、様々なレースで勝ちを重ねて2009年には年間7回の優勝を飾りました。

通算1000勝へ

そして2012年7月13日、ボートレース大村で行われた「男女ガチンコモーターボート大賞」の4日目、9レースで2コースからの差しでの勝利を挙げて通算1000勝を達成しました。

通算500勝の節目に続き、1000勝目もボートレース大村で達成したのですね。

2014年2月25日にはボートレース戸田の周年記念競走に出場し、実に9年振りとなるG1優勝の栄冠も手にしました。

また、2015年12月23日にボートレース多摩川で開催された「四市組合設立48周年記念 ボートピア市原カップ」で4コースからの捲りによって優勝。この優勝が通算50回目の優勝となりました。

通算1500勝

そして2018年7月21日、ボートレース平和島でのG1レース「開設64周年記念 トーキョーベイカップ」2日目5レースにおいて勝利し、通算1500勝を達成。G1レースでの節目到達となりました。

2019年5月15日には、ボートレース津のG1周年記念「つつじ賞王座決定戦」で予選からオール3連対の好成績を残してトップ通過。

準優勝戦も危なげなく逃げを決めて優勝戦に1号艇で出走します。

この優勝戦ではコンマ16と少し慎重なスタートを切った為に1周1マークで2号艇の峰竜太選手に差されますがバックストレッチで伸び返し、激しい競り合いの末1周2マークでグッと締め付け全速ターンで突き放し、5年振り4度目となるG1優勝を決めました。

これにより、年号が令和に変わってからのはじめてのG1覇者となり、2020年からつつじ賞王座決定戦はツッキー王座決定戦と名を改めることになったため、最後のつつじ賞覇者として名を残す事になりました。

中澤和志の特徴や得意なコース

中澤選手の得意なコースや特徴など、まとめてみました。

特徴・レーススタイル

平均スタートタイミングはコンマ15と、割と早いスタートを切れる選手です。

また、どのコースからでも連に絡んでくる実力を持っているので、レーススタイルは自在型といったところでしょうか。

先に挙げたスタートが早い事によってレースを有利な展開に運ぶことができるのですね。

得意なコース

やはりボートレースにおいてインコースは最も有利なコースと言われるだけあり、中澤選手も例に漏れずインコースでの成績は高い数字を残しています。

インコースからの1着率はおよそ57%、2連対率はおよそ75%、3連対率に至ってはおよそ86%と、インコースから走った場合はほぼ舟券に入ってくるとみて間違いないでしょう。

一方他のコースはと言うと、2、3、4コースからでも平均しておよそ30%の1着率を誇り、インじゃないからと軽視できない選手となっています。

3連対率も大外の6コースからでもおよそ47%となっており、6コースからのレースでもおよそ半分は3着以内に入ってくる計算になります。

中澤和志の過去成績・優勝歴

過去の成績や主な優勝歴です。

主な優勝

  • 初優勝 2000年2月27日 ボートレース鳴門 第11回鳴門市町杯
  • G1初優勝 2004年2月17日 ボートレース平和島 第49回関東地区選手権競走
  • G1 2回目 2005年2月16日 ボートレース戸田 第50回関東地区選手権競走
  • SG初優勝 2006年3月21日 ボートレース平和島 第41回総理大臣杯
  • G1 3回目 2014年2月25日 ボートレース戸田 戸田グランプリ第57回周年記念競走
  • G1 4回目 2019年5月15日 ボートレース津 つつじ賞王座決定戦 開設67周年記念競走

過去成績など

通算出走節 592
通算出走数 5240
通算勝利数 1692
通算勝率 6.94
通算1着率 32.2%
通算2連対率 52.3%
通算3連対率 68.8%

中澤和志の年収は?

中澤選手の年収(獲得賞金額)はどれほどあるのでしょうか。

調べたところ、2006年からの記録が残っていましたので記載したいと思います。

2006年 8312万
2007年 ランク外のため不記載
2008年 ランク外のため不記載
2009年 3317万
2010年 ランク外のため不記載
2011年 ランク外のため不記載
2012年 3848万
2013年 4381万
2014年 3286万
2015年 4514万
2016年 ランク外のため不記載
2017年 3329万円
2018年 3434万円
2019年 4368万円

こうやって見ると、多少のバラツキはあるものの毎年コンスタントに3000万円〜4000万円の収入を得ていることが分かります。

一般のサラリーマンから考えるとかなりの高収入ですね。

中澤和志はSNSはやってる?

中澤選手はTwitterやInstagram、YouTubeチャンネルなどはあるのか調べてみました。

中澤和志のTwitter(ツイッター)は?

確認したところ、アカウントは存在しませんでした。

中澤和志のInstagram(インスタグラム)は?

こちらもアカウントの存在は確認出来ませんでした。

中澤和志のYouTube(ユーチューブ)は?

YouTubeチャンネルは無いようでしたが、検索するとレース映像などたくさん出てきますので気になる方はご確認を。

中澤和志のプロフィール|まとめ

オートレーサーを目指していた中からのボートレーサーへの転身。

デビューから初勝利・初優勝までの快進撃、そしてその先にあった大怪我。

SG制覇からの大事故、そして成績不振からの復活。9年振りとなるG1制覇。

なんとも濃い、ドラマチックに溢れたボートレース人生を送り、今だなお活躍されている中澤和志選手のまとめでした。

通算2000勝まで手が届く所まで来ました。これからもそんな逆境や苦労を跳ね除けてきた中澤選手の益々の活躍を期待しましょう。

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全