当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】西岡育未のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

競艇は女子選手が200名以上と多く在籍しています。

「美人ボートレーサー」といえば大山千広選手や平山智加選手などが有名ですが、その中でも「かわいいボートレーサー」として大人気の西岡育未選手はご存知でしょうか?

「いくみん」の愛称で知られ、コスプレなどの趣味もある西岡育未選手。

今回はそんな彼女の生い立ちや魅力についてまとめました。

西岡育未のプロフィール

西岡育未(にしおかいくみ)基本情報
出身地 徳島県三好市
生年月日 1994年11月22日
身長 159cm
体重 46kg
血液型 B型
登録番号 4878
登録期 116期
級別 B1級
師匠 不明
デビュー日 2015年5月19日

西岡育未選手は徳島県三好市出身です。

現在の所属支部も徳島ということで、地元愛が伝わってきます。

父親がボートレースの大ファンで、西岡育未選手は小学校低学年の頃から地元の「ボートレース丸亀」に行っていたそうです。

お父さんはこの時から西岡育未選手にボートレーサーを目指して欲しかったのでしょうか。

1994年11月22日生まれで、20歳の頃にデビューしています。

妹の西岡成美選手もボートレース選手として活躍中で、同じ徳島支部のB1級に所属しています。

西岡育未の特徴

それでは、西岡育未選手がボートレース選手を目指したきっかけ、その後活躍までの道のりを見ていきましょう。

ボートレース選手を目指したきっかけ

西岡育未選手がボートレース選手を目指したきっかけは、「父親の影響」とご本人が話しています。

小さい頃から父親に競艇場に連れられていたため、競艇には馴染みも深かったのでしょう。

高校三年生の進路相談の際、西岡育未選手は「何か変わったことをしたい」と考えました。

その後ボートレースについて調べていくうちに、どんどんボートレースに惹かれていったそうです。

ちなみに、出身高校は「徳島県立池田高等学校」で、偏差値の高い学校です。

西岡育未選手は中学高校とバスケットボール部に所属し、高校時代は生徒会でも活動するなどしていました。

まさに、才色兼備の高校生だったことが伺えます。

高校卒業後、ボートレーサー養成学校である「やまと競艇学校」に入学するまで、西岡育未選手は大阪のボートレース住之江で働いていました。

ボートレース住之江では、レース場の警備や案内役などの業務を行う「アクアコンシェルジュ」として働いていたそうです。

そこで一緒に働いていた同僚たちも、西岡育未選手がボートレース選手になることを応援してくれていたとのことです。

アクアコンシェルジュの仕事によって間近でボートレースを観る機会に恵まれ、西岡育未選手はますますボートレース選手になりたいという気持ちが強くなっていったそうです。

2016年に負った怪我

デビューしてから約一年後の2016年3月、西岡育未選手は事故にあってしまいます。

当時まだボートレース鳴門が改築中であったため、ボートレース丸亀での練習中のことでした。

「右肩脱臼」の大怪我を負い、約半年間を治療とリハビリに費やすことになりました。

2016年9月に復帰することができましたが、その後もなかなか初勝利に恵まれませんでした。

ちなみに西岡育未選手はこの期間に競馬を好きになったようです。

好きな騎手は戸崎圭太騎手、浜中俊騎手だそうです。

SNSでもよく競馬の話をしてるので、よほど競馬が好きなんですね。

西岡育未選手と妹

西岡育未選手には2歳年下の妹がいて、2018年11月26日にボートレース鳴門でボートレース選手デビューをしています。

名前は西岡成美選手で、同じく徳島支部所属です。

四国初の姉妹ボートレース選手として新聞でも取り上げられ、「美人姉妹ボートレーサー」として注目を集めています。

姉がボートレース選手、父がボートレースファンということもあり、妹の彼女もボートレース選手を目指したそうです。

西岡成美選手はやまと競艇学校の入学試験に4回失敗してしまいましたが、5回目で合格することができました。

何度失敗してもチャレンジし続ける、非常にガッツのある人ですね。

徳島支部に所属する女性ボートレース選手は、2020年6月現在わずか9名となっています。

今現在は新田芳美選手、岩崎芳美選手、岸恵子選手、といった40代のベテランボートレース選手がA2級で活躍し、徳島支部を引っ張っています。

今後のことも考えると、20代の西岡姉妹には期待したいところですね。

西岡育未の過去成績・優勝歴

西岡育未選手の過去の成績を見ていきましょう。

現在B1級で活躍中の西岡育未選手は、お世辞にも好成績を残している選手とはいえません。

特にデビュー後一年で大怪我を負ってしまったことが大きく影響し、初勝利はかなり遅い時期となってしまいました。

192戦目の初勝利

西岡育未選手の初勝利は、2017年6月5日、ボートレース常滑で開催された一般戦「シリーズ第3戦常滑シンデレラキャップ」の5日目1Rでした。

デビュー後2年の時を経て得た勝利は、1コースでのギリギリの勝利となりました。

初勝利のタイミングとしてはボートレース選手としてはかなり遅い部類になってしまいましたが、この初勝利のあとはコンスタントに勝利を重ねていきます。

優勝歴

西岡育未選手はまだ優勝歴はありません。

しかし、2015年から2019年にかけて、勝率は着実に上がってきています。

  • 2015年……81/1.74/0
  • 2016年……53/2.13/0
  • 2017年……154/3.37/6.4
  • 2018年……156/3.72/4.4
  • 2019年……171/4.00/9.3

(左から順に、出走数/勝率/1位確率[%])

2016年は大怪我をしてしまい、満足のいく成績を残すことができませんでした。

しかし、年々出走数を上げながら、勝率を伸ばしてきています。

また、2018年は少し下がってしまいましたが、1位率もしっかり上がってきていますね。

今後に期待の選手として成長中です。

西岡育未の年収は?

  • 2017年の獲得賞金が7,145,340円
  • 2018年の獲得賞金が8,420,266円

とのことでした。

2019年の賞金はわかりませんでしたが、出走数も勝率も上がっていることを考えると、過去以上に賞金を獲得していそうです。

西岡育未はSNSはやってる?

多くのボートレース選手がTwitterなどで、積極的に情報を発信していくようになりました。

西岡育未選手も、例に漏れずSNSでも活動しています。

西岡育未のTwitter(ツイッター)は?

西岡育未選手はTwitterでの活動をしています。

@ikumipuu19191のアカウントで、表示名は本名で登録していらっしゃるようですね。

Twitterではボートレースの情報のみならず、競馬のことや、自撮りもアップしているみたいです。

コスプレーヤーということもあり、様々な自身の写真もアップしています。

気になる方はぜひフォローしてみてくださいね。

西岡育未のInstagram(インスタグラム)は?

西岡育未選手はInstagramでの活動もしています。

アカウントは、@ikumipuu4878です。

こちらでも、ボートレースだけではなく、プライベートの写真もいっぱいアップしています。

西岡育未のYouTube(ユーチューブ)は?

西岡育未選手はYoutubeでの活動は行っていないみたいです。

しかし、過去にインタビューを受けた動画などがYoutubeにアップされているので、ぜひ見てみてください。

西岡育未のプロフィール|まとめ

今回は徳島のアイドルレーサーである西岡育未選手のご紹介をしました。

デビュー後に怪我してしまいスタートの遅れた選手ですが、着実に力を伸ばしてきています。

期待の若手として、今後徳島支部を引っ張っていく存在になっていくに違いありません。

西岡育未選手の活躍に期待です!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全