当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】竹井貴史のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレース若松のCMに、ある姉弟レーサー二人の生い立ちを綴ったものがあります。

一人は2020年11月に桂林寛選手と歳の差婚を挙げた竹井奈美選手、そしてその弟である竹井貴史選手です。

「竹井貴史選手」は、養成所で勝率7.07という成績を残し、あっせん日数が優遇される優秀訓練生としてプロの世界に入っています。

また、デビュー期の成績も特に秀でており、2015年には地元スター候補にも選ばれた選手です。

今回はそんな竹井貴史選手についてご紹介していきたいと思います。

竹井貴史のプロフィール

竹井貴史(たけいたかし)基本情報
出身地 福岡県京都郡
生年月日 1991年7月3日
身長 170cm
体重 53kg
血液型 AB型
登録番号 4737
登録期 111期
級別 A2級
師匠 桂林寛(3726)
デビュー日 2012年11月13日

竹井選手のプロフィールを見ていきましょう。

竹井貴史選手は福岡県京都郡の出身です。

京都郡と隣接する北九州市には、ボートレース若松があります。

福岡県では他に、ボートレース福岡・芦屋がありますね。

1991年7月3日生まれの29歳です。

現在オーバーエイジ枠でルーキーシリーズ競走にも出場しています。

目標とする選手には、瓜生正義選手と竹井奈美選手(お姉さん)を挙げています。

所属は出身である福岡支部です。

福岡支部には他に、

  • 瓜生正義選手
  • 岡崎恭裕選手
  • 篠崎元志・仁志選手
  • 小野生奈選手
  • 大山千広選手

など多数所属しています。

同支部の桂林寛選手は師匠であり、義理のお兄さんにあたります。

登録期は111期、現在の階級はA2級です。

111期には他に、

  • 土屋実沙希選手
  • 安河内将選手
  • 高倉和士選手
  • 中村晃朋選手

などが在籍しています。

竹井選手は2013年後期にB1級、2016年後期にA2級、2019年前期にA1級にそれぞれ初昇格しています。

竹井貴史の特徴や得意なコース

竹井貴史選手は以前、師匠の桂林選手に「スタート力はあるが、スタートに頼りすぎて(フライングをして)しまっている」と忠告されたということです。

これに対して竹井選手は、意識して安定したスタートを心がけるようにしているとしています。

下記の通り年別の平均STの変動があるのは、その試行錯誤の結果かも知れません。

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.16と普通~少し遅めです。

コース別では、0.15~0.18の間です(コース別成績の表参照)。

年別の平均STは、速い年と遅い年があり、2020年は0.18と遅いです。

スタート事故は1年に1~3回ほど起こしています。

進入はほぼ枠なりです。

動く場合も、内側のコースよりも外側に動くことの方が多いです。

決まり手は、

  1. 1コースからの逃げ
  2. 3~6コースからのまくり差し
  3. 2~4コースからの差し
  4. 2~6コースからのまくり
  5. 1~6コースからの抜き

の順に多くなっています。

<場別成績>

出走数 勝率 1着率 2連対率 3連対率
びわこ 30 7.90 36.6 % 70.0 % 90.0 %
福岡 152 6.07 26.3 % 47.3 % 60.5 %
若松 458 5.47 19.6 % 38.4 % 53.4 %
芦屋 116 4.99 17.2 % 27.5 % 45.6 %
宮島 71 4.66 15.4 % 29.5 % 42.2 %

びわこが全場の中で突出して勝率が高く、3連対率は90%に上ります。

地元の3場の中では福岡の勝率が高いです。

宮島が最も勝率の低い場で、1着率などもびわこの半分程度かそれ以下の数字です。

出走数にばらつきがありますが、場によって得意不得意が分かれるようです。

得意なコース

<コース別成績>

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 平均ST
1 コース 277 56.3 % 74.7 % 81.9 % 0.16
2 コース 240 22.9 % 46.2 % 69.1 % 0.18
3 コース 243 21.4 % 46.0 % 65.4 % 0.17
4 コース 308 17.5 % 40.2 % 61.3 % 0.16
5 コース 320 12.8 % 30.3 % 47.1 % 0.16
6 コース 420 5.2 % 12.6 % 27.6 % 0.15

1コースでは8割以上が3着以内に入ります。

1着率はそれほど高くありませんが、2着には入れてみたいところです。

2・3コースは各数字が近いものになっています。

2連対率が半分を切りますが、場合によっては2着もあり得ます。

4コースは2・3コースの数字から少し下がる程度です。

2・3コース同様に2着もなくはありませんが、3着あたりでしょうか。

5コースでは3連対率が半分を切ります。

舟券に絡めるにしても通常は3着でしょう。

6コースは全体的に低い数字です。

3着以内は3.6回に1回ですので、よほどでなければ外して考えていいかも知れません。

竹井貴史の過去成績・優勝歴

竹井貴史選手は2021年4月22日から6月20日までフライング休みのため、現在あっせんがありません。

残念ではありますが、休みが明けたらまた頑張って欲しいですね!

過去成績

2012年11月13日、若松一般「日本トーターカップ」2レースでデビュー。

6号艇、6コースから4着。

2013年1月9日、若松一般「ジェイアール九州エージェンシーカップ新春特選競走」1レースで初勝利。

6号艇、6コースからまくりでの勝利。

2015年5月31日、若松一般「TVQ杯」で初優出。

6号艇、6コースから2着。

2018年9月19日、浜名湖G1「第5回ヤングダービー」10レースでG1初出走。

6号艇、5コースから選手責任の失格。

2019年9月21日、三国G1「第6回ヤングダービー」7レースでG1初勝利。

1号艇、1コースから逃げでの勝利。

現在までに、一般戦で31回の優出を果たしています。

優勝歴

2016年11月17日若松一般「公営レーシングプレス杯」で初優勝。

2号艇、3コースからまくりでの優勝。

現在までに、一般戦で7回の優勝を飾っています。

竹井貴史の年収は?

<年別獲得賞金額>

級別 順位 賞金額
2020年 A1→A1 326位 24,251,116円
2019年 A1→A1 244位 26,653,760円
2018年 A2→A2 332位 22,393,666円
2017年 A2→A2 735位 13,305,000円
2016年 B1→A2 441位 17,861,000円
2015年 B1→B1 586位 14,784,000円

竹井貴史選手の年収は、2015年以降では約1,300万~2,600万円超えです。

ボートレーサーの平均年収は以下の通りです。

  • A1級:約3,000万円
  • A2級:約1,800万円
  • B1級:約1,100万円

年によって、平均より高い場合と低い場合があり、特に2017年は階級の割には少ない額となっています。

2019年は4回の優勝を挙げており、他の年と比べるとやや高額です。

2021年4月25日現在の賞金ランキングでは、560位の6,043,000円です。

A2級としてはいいペースですが、よりいっそう高い賞金額を狙って欲しいですね!

竹井貴史はSNSはやってる?

残念ながら竹井貴史選手はSNSをやっていません。

他の方の投稿ですが、Instagramでは動画もありますので竹井選手の様子が分かります。

竹井貴史のTwitter(ツイッター)は?

竹井選手はTwitterをやっていませんが、「#竹井貴史」で関連するつぶやきが出てきます。

熱烈な竹井姉弟ファンの方がいるようです。

竹井貴史のInstagram(インスタグラム)は?

竹井選手はInstagramをやっていませんが、現在「#竹井貴史」タグで48件、「#竹井貴史選手」で3件の投稿があります。

後者では、リフティングの1分間チャレンジ動画なども見られます。

竹井貴史のYouTube(ユーチューブ)は?

竹井選手ご自身ではYouTubeをやっていませんが、竹井選手が登場する動画が何本かアップされています。

【競艇・ボートレース】なぜ勝てたのか!!竹井貴史!!.34スタートから「諦めない心」で勝利を掴む/住之江12R①竹井②中田③服部④前川⑤寺本⑥松江/住之江競艇

2021年2月8日、住之江一般戦のレースの動画です。

スタートで出遅れますが、粘って巻き返し1着を取ります。

ボートレース若松CM(竹井奈美選手&竹井貴史選手)

ボートレース若松公式チャンネルの、竹井姉弟のCMです。

昔はケンカも多かったそうですが、二人一緒に写っている写真がほほえましいです。

竹井貴史のプロフィール|まとめ

今回は竹井貴史選手についてご紹介してきました。

デビュー期から優れた才能を発揮していた選手ですが、スタートに頼りすぎ、結果フライン

グによってA1級への昇級が遅れたという一面もみられます。

スタートでやや後手に回っても、そこから切り替えて勝てる方向へ常に持っていけるようになれば事故も減り、より上のステージで戦えるのではないでしょうか。

今後はG3以上での優勝も果たすなど、お姉さんの奈美選手や師匠の桂林選手と共に活躍の場を広げていって欲しいですね!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全