当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】田村隆信のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレースに興味がある方は、「銀河系軍団」という言葉を聞いたことがあるかも知れません。

ボートレースでの銀河系軍団とは85期の呼び名で、いわゆるスター選手が集まっている期となっています。

その85期の中で本栖チャンプとなった「田村隆信選手」をご存知でしょうか。

デビュー戦で初勝利を勝ち取ったり、85期の中で最初にG1やSGで優勝、また賞金王決定戦に出場するなど、「超新星」とも呼ばれた選手です。

今回はそんな田村隆信選手についてご紹介していきたいと思います。

田村隆信のプロフィール

田村隆信(たむらたかのぶ)基本情報
出身地 徳島県
生年月日 1978年3月15日
身長 171cm
体重 55kg
血液型 B型
登録番号 4028
登録期 85期
級別 A1級
師匠 濱村芳宏(3295)
デビュー日 1999年11月19日

田村選手のプロフィールを見ていきましょう。

田村隆信選手は徳島県出身です。

徳島県といえばボートレース鳴門やオラレ美馬、小松島競輪場がありますね。

田村選手によると、ボートレース鳴門はスタンドと水面が近く、より迫力を楽しめるということです。

1978年3月15日生まれの42歳です。

顔いっぱいの笑顔がとても印象的な方ですよね。

奥さんとは本栖研修所に入る10日前に入籍されたそうで、ちょっと驚きです。

所属は出身でもある徳島支部です。

徳島支部には他に、林美憲選手、市橋卓士選手、島村隆幸選手、西野雄貴選手などが所属しています。

登録期は85期で、現在の階級はA1級です。

85期には他に、井口佳典選手、森高一真選手、丸岡正典選手、湯川浩司選手、田口節子選手などの有名選手が在籍しており、銀河系軍団と呼ばれています。

田村隆信の特徴や得意なコース

田村隆信選手は、ボートレーサー養成所(本栖)時代の卒業記念競走優勝戦で、6コースからの優勝を飾りました。

これは史上初の快挙であり、超新星と呼ばれた所以でもあります。

特徴

平均ST(スタートタイミング)は0.16と平均的な早さです。

近年ではコースによって平均STに差が大きく、1コースで0.12~0.13と早いのに対して6コースでは0.17~0.20です。

スタート事故はおよそ1年に一回ほど起こしています。

進入はほぼ枠なりで、6号艇のときにやや動きがみられる程度です。

決まり手は、1コースからの逃げ、2コースからの差し、2~4コースからのまくり・3~5コースからのまくり差しの順に多くなっています(まくりとまくり差しが同程度)。

直近のデータでは半数以上が逃げによる勝ちです。

場別にみると、

  • 鳴門:勝率7.41、1着率39.9 %、2連対率58.3 %、3連対率74.2 %
  • 江戸川:勝率6.48、1着率28.1 %、2連対率43.6 %、3連対率58.2 %

とさほど大きな差はないものの、地元の鳴門は出走回数も多く、得意としているようです。

得意なコース

通算成績

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 70.2 % 82.0 % 88.8 %
2コース 30.3 % 54.9 % 70.4 %
3コース 25.0 % 47.7 % 65.0 %
4コース 23.4 % 44.6 % 60.7 %
5コース 17.1 % 33.6 % 51.1 %
6コース 10.9 % 24.9 % 45.9 %

1コースではいずれの数字も高く、約9割の確率で舟券に絡んできます。

1着率も高いので、1着あるいは2着に入れて買いたいところです。

2コースより外では1着率は半分以下に落ちますが、3連対率は高めの数字になっています。

2コースで約7割が3着以内ですので、2,3着あたりを狙うといいでしょう。

3,4コースではそれぞれ数字に大きな開きはありません。

2コースよりは少々落ちるので、3着、調子を見て2着というところでしょうか。

5,6コースではどの数字も低めですが、3着に入る可能性はありそうです。

ただし、記念レースなどでは思い切って舟券から外すことも考えてもいいでしょう。

田村隆信の過去成績・優勝歴

田村隆信選手は、2020年9月10日から宮島G1「宮島チャンピオンカップ開設66周年」に出場します。

2019年はG1で3回の優勝をしていますので、その調子で頑張って欲しいですね!

過去成績

1999年11月19日、鳴門一般「第19回報知うずしお杯競走」2レースでデビュー・初勝利。

2000年6月19日、丸亀一般「RNC杯サンセバスティアン親善マッチ」で初優出。

2001年2月1日、鳴門G1「第44回四国地区選手権競走」3レースでG1初出走・G1初勝利。

同節6日、G1初優出。

2001年11月20日、児島SG「第4回競艇王チャレンジカップ競走」1レースでSG初出走。

2001年12月22日、住之江SG 「第16回賞金王決定戦競走 – シリーズ戦」2レースでSG初勝利。

2002年9月1日、蒲郡SG「第48回モーターボート記念競走」でSG初優出。

2007年6月12日、蒲郡G1「オールジャパン竹島特別開設52周年記念競走」3レースで500勝達成。

2014年7月20日、丸亀SG「第19回オーシャンカップ」8レースで1000勝達成。

現在までに、SGで20回、G1で61回、G2で6回、G3で13回、一般戦で102回優出しています。

優勝歴

2001年1月15日、蒲郡一般「日本レジャーチャンネルカップ競走」で初優勝。

デビューから1年2ヶ月での優勝でした。

2001年5月29日、蒲郡G3「2001年新鋭リーグ第8戦」でG3初優勝。

2003年2月2日、丸亀G1 「第17回新鋭王座決定戦競走」でG1初優勝。

2004年8月2日、若松SG 「第9回オーシャンカップ競走」でSG初優勝。

2016年7月20日、三国一般「スカパー・ブロードキャスティング杯」で50優勝達成。

現在までに、SGで3回、G1で14回、G3で7回、一般戦で34回優勝しています。

田村隆信の年収は?

年度 順位 賞金額
2019年 10位 101,445,000円
2018年 26位 55,707,000円
2017年 28位 50,201,000円
2016年 37位 46,048,000円
2015年 100位 30,022,000円
2014年 20位 53,446,000円

田村隆信選手の年収は変動が激しく、3000万~1億円越えまで幅があります。

A1級ボートレーサーの平均年収は約3000万円(2018年)ですので、最低でも平均年収分は稼いでいることになります。

そのうち2回はなんと1億円越えしており、平均年収の4倍近くもの金額です!

2007年以降では毎年ランキング内に入っています(2005年、2006年も金額からするとランク内とみられます)。

1600人いるボートレーサーの上位100人に毎年入るというのは並大抵の力量ではないですよね。

2020年8月10日現在、ランキング54位の27,900,000円です。

田村選手はどこまで賞金を積み上げられるでしょうか!?

田村隆信はSNSはやってる?

残念ながら田村隆信選手はSNSをやっていません。

ですが、田村選手関連の投稿がそれぞれのSNSで数多く存在しますので、興味のある方は情報収集に利用されてみては?

田村隆信のTwitter(ツイッター)は?

田村選手はTwitterをやっていませんが、ボートレース場、スポーツ紙、個人の方などのアカウントでつぶやきが投稿されています。

いろいろな方が田村選手についてつぶやいているので、「#田村隆信」でご覧になると面白い投稿に出会えるかも知れません。

田村隆信のInstagram(インスタグラム)は?

田村選手はInstagramをやっていませんが、「#田村隆信」タグで564件の投稿があります。

笑顔の画像多めで、また出待ちの際の画像なども見られますので、ファンの方いかがでしょうか。

田村隆信のYouTube(ユーチューブ)は?

田村選手はご自身ではYouTubeをやっていませんが、ボートレース公式や個人の方などのチャンネルで田村選手が登場する動画がアップされています。

85期の田村選手と山本隆幸選手のトークショーです。

田村選手からちょっと意外な発言も?

「最後に奇跡が…」山本隆幸&田村隆信 トークショー ボートレース福岡 20190106 (福岡競艇場)

全員85期メンバーという豪華なレースです。

力のある選手が集まると、こうなります。

出場選手全員85期!銀河系軍団スペシャルマッチ!【ボートレース・競艇】

田村隆信のプロフィール|まとめ

今回は田村隆信選手についてご紹介してきました。

銀河系軍団のメンバーもベテランといえる年代に差しかかってきましたが、今でも記念の舞台で活躍し続けており、田村選手もそのうちの一人です。

SG優勝からは2011年以来遠ざかっているものの、SGやG1には数多く出場しています。

毎年賞金ランキングに名を連ねていることからも活躍ぶりが分かりますよね。

新しい世代が台頭してきている中でも、まだまだ負けずに頑張ってもらいたいものです!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全