当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】寺田祥のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

ボートレースにおいて、フライングや出遅れといったスタート事故は選手・お客さん・レース場、いずれにとっても損失が発生します。

ですので、スタート事故の少ない選手は信頼がおけると言えます。

そのスタート事故が少ないことで有名な選手の一人、「寺田祥選手」をご存知でしょうか。

実に11年以上の間一度も事故を起こさず、またレースでも活躍した功績を称えられて特別表彰を受けたという実績を持つ選手です。

今回はそんな寺田選手についてご紹介していこうと思います。

寺田祥のプロフィール

寺田祥(てらだしょう)基本情報
出身地 山口県
生年月日 1978年9月20日
身長 166cm
体重 54kg
血液型 O型
登録番号 3942
登録期 81期
級別 A1級
師匠 なし(※)
デビュー日 1997年11月19日

寺田選手のプロフィールを見ていきましょう。

寺田祥選手は山口県の出身です。

山口といえば、ボートレース下関と徳山の2つの場がありますね。

1978年9月20日生まれの41歳です。

ボートレースメモリアル優勝戦での「テラショーのワンマンショー!」という実況の通り、「テラショー」の愛称で呼ばれています。

所属は出身地でもある山口支部です。

山口支部には他に、艇界のプリンスまたはレジェンド・今村豊選手、関門のホワイトシャーク・白井英治選手などが所属しています。

登録期は81期で、現在A1級です。

81期には他に、飯山泰選手、池田浩二選手、山口裕二選手などが在籍しています。

※なお、栗田浩明選手(2943)のもとでペラを叩いているのではないかとして名前が挙げられていましたが、師匠なのかどうかは定かではありません。

寺田祥の特徴や得意なコース

ここからは寺田選手の特徴をまとめていきます。

特徴

最も大きな特徴は、通算でスタート事故を11回(フライング8回、出遅れ3回)しか起こしていないことです。

その中でも9回は2003年以前のもので、2004年以降は約16年の間で2回(フライング1回、出遅れ1回)しか起こしていません。

スタート平均ST(スタートタイミング)は通算で0.17とそこまで早い方ではありませんが、一旦フライングをするとスタートが慎重になるなどの傾向が出てきたりしますので、その点安心して舟券予想ができるという利点があります。

一般戦においては1着率40.6%、2連対率62.2%、3連対率76.4%という成績なので、寺田選手が一般戦に出たらだいたい舟券に絡むと言ってもいいでしょう。

場別にみると、地元の徳山では勝率7.56、1着率40.6%、2連対率60.9%、3連対率76.1%といずれも最も高い数字になっており、得意な場としていると言えます。

逆に、宮島は勝率6.23、1着率20.2%、2連対率38.4%、3連対率55.6%と1着率(多摩川の1着率19.2%)以外全て最も低い数字です。

しかし低いと言えども3連対率5割越えですので、油断はできません。

得意なコース

通算成績

コース 1着率 2連対率 3連対率
1コース 62.0 % 81.3 % 88.4 %
2コース 29.5 % 54.5 % 70.6 %
3コース 29.7 % 51.9 % 70.8 %
4コース 22.4 % 44.9 % 64.1 %
5コース 18.4 % 38.4 % 56.5 %
6コース 8.7 % 21.7 % 42.6 %

1コースではおよそ9割もの確率で舟券に絡んできます。

2連対率も十分高いので、2着以内で買ってもよさそうです。

2コースより外は1着率が急に下がりますが、2,3コースでは2連対率・3連対率ともに高く、大きな差もありません。

また4,5コースでも2連対率40%前後、3連対率60%前後と無視できない高さです。

2~5コースのときでも3着以内に入る可能性はかなり大きいと言えます。

6コースの場合でも3連対率は4割を超えていますので、1,2着は外し、3着に寺田選手を持ってくるのもいいかも知れません。

寺田祥の過去成績・優勝歴

2003年2月20日の津一般「第12回津ボート大賞」3日目の11レースでフライングをして以来、2014年10月14日の徳山G3「サッポロビールカップ」優勝戦で出遅れ(選手責任)となるまでの2910走の間、スタート事故ゼロを記録。

2015年3月に一般財団法人ボートレース振興会から特別表彰を受けました。

2020年7月21日から、鳴門SG「第25回オーシャンカップ」に出場します。

持ち前の冷静さと強気なレース運びで優勝を狙って欲しいですね!

過去成績

1997年11月19日、徳山一般「光市営開設31周年記念競走」でデビュー。

同月24日、初勝利。

1998年11月15日、常滑一般「ソニージャンボトロンカップ争奪 第6回若鯱大賞」で初優出。

1999年月11日、大村G1「開設47周年記念 海の王者決定戦」でG1初出場。

2001年2月11日、徳山G1「第44回中国地区選手権競走」でG1初勝利。

2001年8月28日、多摩川SG「第47回モーターボート記念競走」でSG初出場。

同月29日、SG初勝利。

2002年12月13日、大村G1「第47回モーターボート大賞」でG1初優出。

2005年1月1日、徳山一般「日刊スポーツ杯争奪 お正月特選レース」の7レースで通算500勝を達成。

2007年10月8日、平和島SG「第54回全日本選手権」でSG初優出。

2011年7月28日、徳山G1「徳山クラウン争奪戦 開設58周年記念競走」の6レースで通算1000勝達成。

2019年1月1日、徳山一般「2019西京波者決定戦競走」の12レースで通算1500勝達成。

優勝歴

1999年7月18日、桐生一般「第2回東京スポーツ杯争奪レース」で初優勝。

2002年3月18日、徳山G3「2002新鋭リーグ戦競走 第2戦」でG3初優勝。

2005年2月16日、徳山G1「第48回中国地区選手権競走」でG1初優勝。

2017年8月27日、若松SG「第63回ボートレースメモリアル」でSG初優勝。

デビュー20年目での悲願のSG優勝となりました。

SGで1回、G1で6回、G3で5回、一般で40回の優勝を誇っています。

寺田祥の年収は?

寺田祥選手の年収は、ここ数年では3000万~1億円越えと、年度によってかなり差があります。

2017年はボートレースメモリアルでの優勝(賞金3500万円)が大きいです。

A1級ボートレーサーの平均年収は3400万円ですので、その約3倍を稼いだことになります。

夢が膨らみますね。

年度 順位 賞金額
2019年 48位 47,552,000円
2018年 21位 60,309,000円
2017年 6位 109,567,000円
2016年 50位 39,637,413円
2015年 90位 31,572,500円

2020年6月28日現在、ランキング23位、賞金額33,789,000円となっています。

今年は比較的好調のようですので、どこまで賞金額を伸ばせるか気になりますね!

寺田祥はSNSはやってる?

寺田祥選手は、意外にも(?)Instagramをやっています。

白井英治選手や大賀広幸選手なども出てきていますので、山口支部ファンの方は見逃せないかも?

寺田祥のTwitter(ツイッター)は?

寺田選手はTwitterをやっていませんが、ボートレース下関や徳山の公式、スポーツ紙のアカウント、個人の方などのつぶやきに寺田選手の情報が入っています。

「#寺田祥」でご覧になってみて下さい。

寺田祥のInstagram(インスタグラム)は?

寺田選手はInstagramを、アカウント「@terada3942」で開設しています。

2020年に入ってから始めたばかりのようでまだ投稿数は少ないですが、食べ物へのこだわりがうかがえてくる内容です。

寺田祥のYouTube(ユーチューブ)は?

寺田選手はYouTubeはやっていませんが、寺田選手の登場する動画がJLCほかからいくつかアップされています。

【競艇】寺田祥がプロ20年目で悲願の初優勝なるか!?

第63回ボートレースメモリアル優勝戦のレースのピットアウトからゴールまでの様子です。

池田浩二&寺田祥「81期同期トークショー」(2017年10月)「JLCニュースプラス」

本当は寡黙ではない(らしい)寺田選手の話が聞けます!

寺田祥のプロフィール|まとめ

ここまで寺田祥選手についてご紹介してきました。

レースに真摯に向き合う、無口で冷静な笑わない男というイメージの強い寺田選手ですが、動画などではにこやかに冗談を言う姿も見られます。

もちろんレースに対しての真面目さは、レース特徴や成績にも表れている通りです。

ボートレースに興味を持つきっかけとして、ある選手の人間性に惹かれた…という方もいるかと思います。

一見しての印象とのギャップが大きな寺田選手は、知れば知るほど魅力的な選手ですよね。

これからの寺田選手の動向にも注目していきましょう!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全