当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【新サイト】競艇神風 *高い回収率を狙いたい方向け*

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】富樫麗加のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

美人ボートレーサーの中でも「お嬢様競艇選手」と呼ばれている富樫麗加選手。

ギャルっぽさのあるルックス、お嬢様な経歴、と非常に特徴的なボートレーサーです。

そんな富樫麗加選手のプロフィールや年収、過去成績などの紹介をしていきます。

富樫麗加のプロフィール

富樫麗加(とがしれいか)基本情報
出身地 東京都府中市
生年月日 1989年11月8日
身長 162cm
体重 53kg
血液型 B型
登録番号 4758
登録期 112期
級別 B1級
師匠 村田修次
デビュー日 2013年5月19日

富樫麗加選手のプロフィールを見ていきましょう。

東京都府中市出身の富樫麗加選手は、所属支部も東京。

112期の同期には、米井里美選手、小池礼乃選手、馬場剛選手、今泉友吾選手らがいます。

村田修次選手を師匠としています。ペラグループも村田修次選手と同じく、長岡茂一選手がリーダーを務める「BPクラブ」に所属しています。

身長162cmの富樫麗加選手は、ボートレーサーの中では比較的大きい選手です。

体重もあり調整が難しいとされる中でも、しっかりと成績を残しています。

デビュー日は2013年5月19日。23歳でのデビューとなり、平和島ボートレース場でのデビューとなりました。

また、白百合女子大学を卒業していることから「お嬢様競艇選手」と呼ばれたりしています。

ボートレーサーを目指したきっかけは、大学1年の春、たまたま通りかかった多摩川ボートレース場での爆音に一瞬で魅了されたことだと話しています。

その後はボートレース場に通い続けていたそうです。

ボートレーサーになるとご両親に打ち明けたときは猛反対されたとか。

しかし、ボートレース養成所の試験を一発合格するなど、その天性のセンスは光るものがあります。

富樫麗加の特徴や得意なコース

富樫麗加選手の特徴や得意なコースを見ていきましょう。

スタート事故

大学生になってから競艇と出会ったにも関わらず、ボートレース養成所の試験を一発合格するほどの才能を見せる富樫麗加選手。

しかし、デビュー後はスタート事故に悩まされます。

2020年6月15日時点でのスタート事故数は8件。

2017年には7月-8月の間に3件のフライングを起こしてしまいます。

その結果2017年9月-2018年2月までの間で180日間のフライング休みが入ってしまいました。

その期間中の出走回数不足によって一時期はB2級に陥落しています。

しかし、フライング休み明けには勝率が4.22から5.48まで上昇。

そして、A2級まで飛び級して昇格しています。

フライングによる挫折をバネに、確実に成長を重ねていることが伺えます。

2017年のフライング以降は2019年の一度を除いてはスタート事故もなくなりました。

得意コース

後述の過去成績をご覧いただくとわかりますが、富樫麗加選手は比較的2着3着の多い選手です。

センターからでもよく連に絡んでくる印象があります。

大穴では外からの差しという展開を見せています。

富樫麗加の過去成績・優勝歴

富樫麗加選手の過去成績や優勝歴、その他の経歴を見ていきましょう。

以下の成績は全て、2020年6月15日時点での成績です。

過去成績

まずは富樫麗加選手の過去成績を見ていきましょう。

グレード別成績

グレード 出場節数 出走数 1着数 勝率 優出 優勝
G2 3 25 4 5.72 0 0
G3 28 261 30 4.82 0 0
一般 99 821 61 4.32 4 1
総合 130 1107 95 4.47 4 1

出走数は少ないですが、富樫麗加選手の成績はG2での1着率が他より高くなっています。

今まさに実力が急上昇していることが見て取れますね。

艇番別成績

艇番 出走数 1着率 2着対率 3着対率 優出 優勝
1号艇 122 37.7% 63.9% 77.8% 0 0
2号艇 147 13.6% 31.9% 55.1% 0 0
3号艇 142 4.9% 28.8% 48.5% 0 0
4号艇 205 5.8% 15.1% 38.5% 1 0
5号艇 239 2.9% 13.3% 31.3% 1 0
6号艇 252 1.1% 5.9% 18.2% 2 1

富樫麗加選手は1号艇では2着対率こそ悪くないのですが、1着率はやや下がっています。

自身の成績の中で6号艇で最も優勝、優出を果たしている面白い選手です。

コース別成績

艇番 出走数 1着数 1着対率 2着対率 3着対率 平均ST
1コース 115 45 39.1% 66.0% 80.8% 0.17
2コース 145 21 14.4% 33.7% 55.8% 0.17
3コース 131 7 5.3% 29.0% 45.8% 0.16
4コース 174 11 6.3% 17.2% 46.5% 0.18
5コース 207 7 3.3% 13.5% 32.3% 0.19
6コース 335 4 1.1% 6.8% 18.8% 0.21

基本的に無理してコース取りを行わない選手で、艇番と対応したコース成績になっています。

優勝歴

2017年5月23日、下関ボートレース場で行われた『トランスワードトロフィー2018男女W優勝戦』で初優勝を決めています。

このレースでは同時にデビュー発の優出も飾っています。

しかも6号艇6コースから「差し」での優勝。当レースでは人気を背負い1号艇であった田口節子選手が落水失格となり、大波乱の中優勝を決めました。

当レースでの三連単は6→5→4の116番人気、209,950円の大波乱となりました。

そもそも三連単の組み合わせが120通りであることを考えると、人気は下から5番目の舟券。富樫麗加選手は競艇史に残る大荒れレースを制しています。

その他の経歴

デビューは2013年5月13日、平和島ボートレース場での出走となりました。

その後2013年12月31日、こちらも平和島ボートレース場で行われた『第32回日本MB選手会会長賞 平和島レディースカップ』で初の水神祭を飾っています。

2017年2月28日には宮島ボートレース場で開催された『G2第1回レディースオールスター』にファン投票17位でG2初出場を果たします。翌日インから見事逃げをきめ、そのままG2初勝利を飾りました。

また、2017年には週刊アサヒ芸能で記事「お嬢様レーサー 富樫麗加でございます」の連載を開始しました。

富樫麗加の年収は?

次に、富樫麗加選手の年収を見ていきましょう。

2018年での獲得賞金は7,674,000円。賞金ランキングでは125位に入っています。

2019年5月まででの生涯獲得賞金は40,845,000円。

また、ルックスの良さや喋りの面白さもあり多くのメディアやイベントに呼ばれているため、その点での収入も年収に上乗せされていそうです。

富樫麗加はSNSはやってる?

今や多くの競艇選手がSNSアカウントで積極的に情報発信をしています。

富樫麗加選手もSNSをやっているのでしょうか。

富樫麗加のTwitter(ツイッター)は?

富樫麗加選手はTwitterをやっていません。

というのも、かつてはアカウントを持っていたようなのですが、現在は削除されています。

2016年6月からTwitterをしていたようで、1200以上のツイート、7500人以上のユーザーによってフォローされていました。

しかし、2018年7月23日に突如としてアカウントが削除されてしまいました。

原因については現状何も告知されていません。

しかし、「#富樫麗加」や「#4758富樫麗加」で検索すると富樫麗加選手に関する情報が出てきますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

富樫麗加のInstagram(インスタグラム)は?

富樫麗加選手の公式Instagramアカウントはありません。

しかし、こちらも「#富樫麗加」で検索することで美人ボートレーサーである富樫麗加選手の写真やレース中の写真などを閲覧することができます。

富樫麗加のYouTube(ユーチューブ)は?

富樫麗加選手はYoutubeでの活動は行なっていません。

しかし、Youtubeには富樫麗加選手のインタビュー映像や、イベントでのトークステージの映像などがアップロードされているので、富樫麗加選手の活躍を見ることができます。

富樫麗加のブログは?

富樫麗加選手はAmebaブログ『REIKA♡Blog』を運営しています。

しかし、2020年6月時点で最新の投稿が2016年4月となっているため、現在はほとんど更新されていない模様です。

富樫麗加のプロフィール|まとめ

以上、「美人お嬢様競艇選手」富樫麗加選手の紹介でした。

他と選手と比べて遅い競艇との出会い、大卒後のデビュー、波乱の116人気三連単優勝、3回のフライングによる出場停止、その後のA2級への飛び級など、

他とは一線を画す競艇人生を歩んでいる富樫麗加選手。

今後も稀有な体験を見せてくれそうです。

ボートレーサーとしてもメキメキ実力を伸ばしてきているので、今後の富樫麗加選手の活躍に注目していきましょう。

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全