当サイトから登録の多い競輪予想サイト

【1位】競艇BULL *爆発的なリターンを狙いたい方向け*

【2位】競艇サラリーマン *副業でサクッと稼ぎたい会社員の方向け*

【3位】SIXBOAT *初心者で手厚いサポートを受けたい方向け*

▼気になる競艇予想サイトを比較した記事はこちら

>> 競艇予想サイトおすすめ人気ランキング!口コミ評判・比較一覧まとめ

競艇選手

【競艇】常住蓮のプロフィールまとめ!年収や過去成績・得意なコースは?

現在ボートレーサーになるには、まず「ボートレース養成所」に入り、1年間の厳しい訓練を受ける必要があります。

2020年3月には第126期生の修了式が行われましたが、その際に養成所チャンプ決定戦で優勝を果たし、佐賀支部3連覇を成し遂げた「常住蓮選手」をご存じでしょうか。

養成所時代にはリーグ戦で3冠(勝率7.93・優出5回・優勝3回)も達成したという、デビュー前から話題になっていたほどの期待の新人選手です。

今回はそんな常住蓮選手についてご紹介していきたいと思います。

常住蓮のプロフィール

常住蓮(つねずみれん)基本情報
出身地 佐賀県
生年月日 2001年1月2日
身長 160cm
体重 51kg
血液型 A型
登録番号 5142
登録期 126期
級別 B1級
師匠 山田康二(4500)
デビュー日 2020年5月13日

常住選手のプロフィールを見ていきましょう。

常住蓮選手(画像左)は佐賀県の出身です。

佐賀県といえば、唐津市にはボートレースからつがありますね。

画像で手に持っているのは、からつのマスコットキャラクター「か・らっキー」です。

他に、ボートレースチケットショップみやき・三日月などがあります。

2001年1月2日生まれの20歳です。

小さいころからお祖父さんに連れられて、ボートレースからつに通っていたとのことです。

見たところなかなかの達筆のようです(「常住蓮の特徴や得意なコース」画像参照)。

所属は出身である佐賀支部です。

佐賀支部には他に、

  • 深川真二選手
  • 三井所尊春選手
  • 峰竜太選手
  • 上野真之介選手

などが所属しています。

同支部の山田康二選手は常住選手の師匠です。

また、佐賀支部の養成所チャンプは、124期・末永和也選手、125期・定松勇樹選手、そして126期・常住選手となっています。

登録期は126期、現在の階級はB1級です。

126期には他に、

  • 上瀧和則選手の息子・上瀧絢也選手(画像右)
  • 大澤普司選手の息子・大澤風葵選手
  • 最年少ボートレーサー・野田彩加選手

などが在籍しています。

常住選手は2021年前期に初めてB1級に昇格しました。

常住蓮の特徴や得意なコース

常住蓮選手は「(6コースからでも)最後まで諦めずに前を追いかけるレースをしたい」と語っています。

持ち前とするスタート力・旋回力を活かして、粘り強いレースを目指して欲しいですね!

特徴

※まだデビューから1年経っておらず出走数が少ないため、データには偏りがあります。

平均ST(スタートタイミング)は0.16と普通~少し遅いぐらいです。

コース別では、5コースが0.17、6コースが0.16です。

年別での平均STは、2020年が0.17、2021年は現時点で0.15と速くなっています。

スタート事故は現在までに、デビュー節でのフライング1回のみです。

進入は、現在のところほとんどが6コース、それ以外は5コースに入っています。

今までに1着をとったのは1回で、まくり差しによる勝利でした。

<場別成績>

出走数 勝率 1着率 2連対率 3連対率
児島 9 5.11 11.1 % 22.2 % 33.3 %
からつ 34 2.06 0.0 % 5.8 % 5.8 %
大村 17 1.47 0.0 % 0.0 % 0.0 %

※児島、徳山、若松、芦屋、からつ、大村以外の場はまだ出場がありません。

児島は出走数が少ないですが、最も勝率の高い場で、唯一の1着をとっています。

地元のからつは一番出走数が多く、2着を2回とっています。

出場した中で最も勝率が低い場は大村で、3着以内に入ったことがありません。

得意なコース

<コース別成績>

コース 出走数 1着率 2連対率 3連対率 平均ST
1 コース 0 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0.00
2 コース 0 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0.00
3 コース 0 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0.00
4 コース 0 0.0 % 0.0 % 0.0 % 0.00
5 コース 6 0.0 % 0.0 % 16.6 % 0.17
6 コース 100 1.0 % 6.0 % 14.0 % 0.16

1~4コースではまだ出走したことがありません。

5コースでは6走しかしていませんが、そのうち1回は3着に入っています。

6コースは100走中1着が1回、2着が5回、3着が8回です。

現在のところ、約7.1回に1回は3着以内に入ることになります。

今はほとんどが6コースでの出走ですが、次第に他のコースで走ることにも慣れて、得意なコースを見つけてさらに腕を磨いてもらいたいですね。

常住蓮の過去成績・優勝歴

常住蓮選手(画像中央)は2021年3月2日から、びわこ一般「第4回オールサンケイスポーツ杯」に出場します。

びわこはまだ出場経験のない場で慣れない水面かも知れませんが、頑張って欲しいですね!

過去成績

2020年3月19日、養成所チャンプ決定戦で優勝。

※1号艇、1コースから逃げでの優勝。

2020年5月13日、からつ一般「唐津ミニット開設16周年記念」7レースでデビュー。

※6号艇、6コースから4着。

2021年1月27日、児島一般「ルーキーシリーズ第2戦スカパー!・JLC杯」6レースで初勝利。

※6号艇、6コースからまくり差しでの勝利。

優勝歴

プロとしての優勝歴はまだありません。

今後の活躍に期待しましょう!

常住蓮の年収は?

常住蓮選手の年収は、2020年は3,329,000円でした。

ボートレーサーの平均年収は、B2級が約500万円、B1級が約1,100万円となっています。

2020年はB2級→B2級で、5月がデビューでしたので、1年あたりに直すとおおよそ平均的な収入だったことになります。

一般的な20歳男性の平均年収は309万円とのことなので、常住選手は約1.6倍の年収にあたります。

また、20代で年収500万円以上の人の割合は10.6%となっており、ボートレーサーはB2級でもかなりの高収入ということが分かりますね。

2021年は後期もB1級を維持できれば年収約1,100万円と、2020年の倍以上の額も狙えます。

常住選手は収入面にも魅力を感じてボートレーサーを目指したとのことなので、目標を高く持って、より高い賞金額を稼いでいって欲しいですね!

常住蓮はSNSはやってる?

常住蓮選手(画像左)は、ご自身のTwitterのアカウントを持っています。

しかし投稿はまだないので、今後の動向に注目したいところです。

常住蓮のTwitter(ツイッター)は?

常住選手はTwitterを、アカウント「@zumi_126」でやっていますが、現在のところつぶやきは投稿されていません。

将来的に何かツイートされるかも知れませんので、フォローしておくのもいいかも?

また、「#常住蓮」で検索すると、関連するつぶやきを見られますのでどうぞ。

常住蓮のInstagram(インスタグラム)は?

常住選手はInstagramをやっていませんが、現在「#常住蓮」タグで21件、「#常住蓮選手」タグで6件の投稿があります。

特に、水神祭の様子が非常に楽しそうで印象的です。

常住蓮のYouTube(ユーチューブ)は?

常住選手はご自身ではYouTubeをやっていませんが、常住選手の登場する動画がいくつかアップされています。

やまと学校 126期卒業記念レース 1号艇 常住蓮優勝

養成所チャンプ決定戦のレース映像です。

普通のレースと違うアングルで撮られており、迫力が感じられます。

5142 常住 蓮選手 水神祭

ガァ~コチャンネル(ボートレース児島)の、児島一般「ルーキーシリーズ第2戦スカパー!・JLC杯」での初勝利の様子です。

はにかんだような表情でインタビューに答える様子が初々しいですね。

常住蓮のプロフィール|まとめ

今回は常住蓮選手についてご紹介してきました。

養成所での輝かしい成績を見ると、思わず将来を期待してしまいますよね。

ですが、養成所チャンプ決定戦では佐賀支部3連覇がかかっていたり、デビュー節ではスタートを行こうとするあまりフライングしてしまったりと、期待が大きいだけにプレッシャーも大きかったのではないかと思われます。

初勝利の際のインタビューでは、勝って「ほっとした」と語っており、肩の荷が下りたという気持ちだったのではないでしょうか。

まだまだデビューしたばかりの新人選手ですので、あまり気負いすぎず、しかし着実に力を伸ばして大物レーサーに成長して欲しいですね!

-競艇選手
-

© 2021 競艇大全